« らーめん れんげ(東京都八王子市) 鶏白湯つけ麺 | トップページ | 八作(東京都八王子市) 塩とんこつチャーシューメン »

2014年8月29日 (金)

自家製手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家(東京都立川市) 限定辛つけ麺

Imgp0984a

 お店はラーメンたま館の中。
お店の中に入り,券売機へ。
メニューは「ラーメン」と「つけ麺」。
券売機をひととおり見回したところ「限定辛つけ麺」のボタンを発見。
期間限定なのか,数量限定なのかはわからない。
ともかく,食べられるうちに食べておくことに。

 カウンター越しに食券をご主人に渡すと,ご主人は,

 「ゆで時間がかかりますけれどよろしいですか?」

ときく。
これは極太麺ということ。
もちろん問題なし。
続いてご主人は,

 「並盛と中盛のどちらにしますか?」

ときく。
並盛でお願いする。

Imgp1027a

 つけ汁は茶色く濁った豚骨醤油。
表面には黒コショウの粒。
つけ汁の中には,メンマ,ひき肉,ネギ。
辛つけ麺のつけ汁らしからぬふつうのビジュアル。

Imgp1029a

 ラー油と大量の鷹の爪が絡んだ極太麺。
鷹の爪は,種まで入った凶暴な作り。
並盛ながら麺の量は多い。
推定300gほど。

 まず,つけ汁を味わってみる。
つけ汁は動物系がきいている。
黒コショウがスパイシー。

 続いて,麺をつけ汁に浸す。
つけ汁が真っ赤に染まる。
そして麺をすする。
鷹の爪の辛味が強烈。
ただ,つけ汁に辛味が中和されてなんとか食べられる。

 食べ進むうちに,つけ汁の赤みがどんどん増してゆく。
つけ汁がどんどん辛さをましてゆく。

 つけ汁は比較的多い。
麺を完食したところでまだかなりの量のつけ汁が残っており,スープ割り用のスープを注げない。
スープがたせるようにするため,真っ赤になったつけ汁を原液のまま味わう。

 つけ汁の器に余裕ができたところでスープ割りをお願いする。
スープで割ったつけ汁は,動物系の臭みと臭み消し用の香味野菜の風味が増す。

 これまでの記事はこちら

 自家製手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家(東京都立川市) 特製ラーメン
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-cd02.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 自家製手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家

[住所]
 東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1階

[アクセス]
 JR立川駅から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2014/08

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 自家製手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家
 http://ramendb.supleks.jp/s/74558.html

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« らーめん れんげ(東京都八王子市) 鶏白湯つけ麺 | トップページ | 八作(東京都八王子市) 塩とんこつチャーシューメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/57186640

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製手もみ麺 豚鶏ラーメン 雷一家(東京都立川市) 限定辛つけ麺:

« らーめん れんげ(東京都八王子市) 鶏白湯つけ麺 | トップページ | 八作(東京都八王子市) 塩とんこつチャーシューメン »