« 博多ラーメン いち福(東京都八王子市) 黒全部のせ(粉落とし) | トップページ | らーめん れんげ(東京都八王子市) 鶏白湯らーめん »

2014年6月17日 (火)

でんでん(東京都八王子市) チャーシュー麺

Imgp0936a

 お店は,八王子駅から10分ほど歩いたところにある5差路の近く。
お店の壁には「電々」の看板。
暖簾をくぐってお店の中へ。

 お店はカウンター席とテーブル席が3つ。
八王子ラーメンの老舗とうかがっていたので,頑固おやじ風のご主人が出てくると勝手に想像していたが,厨房には予想外に女性のご主人。
カウンター席に座り,壁のメニューを眺める。

 主なメニューは「ラーメン」。
八王子ラーメンのお店としては珍しく「塩ラーメン」もあり,そして,「カレー」もある。
壁の張り紙によるとカレーはラーメンのスープを使っているそうで。
ご主人に「チャーシュー麺」を注文する。
注文を受けたご主人は,

 「普通盛でいいですか?」

と確認。
たくさん食べる人に見えるらしい。

 ・・・

 スマホをいじっていると,厨房の中から「ゴゴゴゴゴゴ・・・」という音。
顔をあげると,主人は,丼の上に敷き詰められたチャーシューをガスバーナーで炙っている。
八王子ラーメンで炙りチャーシューは珍しく,チャーシューの炙り方も初めて見る手法。

 炙りを終えたご主人は,丼をカウンターの上にあげ,

 「丼が熱いのでおろします。」

と厨房の中から客席側にまわって,私の前に丼をおろす。

Imgp0935a

 丼の上には大きなチャーシューが敷き詰められ麺は見えない。
スープは透き通った醤油。
チャーシュー以外のトッピングは,メンマ,刻み玉ねぎ,海苔,千切りの生姜。

 まず,レンゲでスープを味わう。
スープはほんのり甘口。
動物系のダシの臭みはなく,ともかく,ひたすらマイルドで柔らかい印象。
チャーシューを炙ったときにしたたり落ちた脂がコクを増す。

 続いて,麺の引き出し口を確保するためにチャーシューをいただく。
チャーシューの炙りは軽めで,香ばしさは控えめ。
ただ,繊細なスープにはこの程度の軽い炙り方がちょうどいいと思う。
チャーシューは柔らかく,タレもしっかりときいている。

 続いて麺をすする。
麺は黄色い中細麺。
茹で加減はやや固め。
細い麺なので麺にスープがしっかりと絡む。

 意外ときいていたのは,千切りの生姜。
ほんの少量だけれど,後味をすっきりとさせてくれた。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 でんでん

[住所]
 東京都八王子市子安町1-37-6

[アクセス]
 JR「八王子駅」南口から徒歩10分くらい

[訪問日]
 2014/05

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 でんでん
 http://ramendb.supleks.jp/s/4258.html

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 博多ラーメン いち福(東京都八王子市) 黒全部のせ(粉落とし) | トップページ | らーめん れんげ(東京都八王子市) 鶏白湯らーめん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/56510729

この記事へのトラックバック一覧です: でんでん(東京都八王子市) チャーシュー麺:

« 博多ラーメン いち福(東京都八王子市) 黒全部のせ(粉落とし) | トップページ | らーめん れんげ(東京都八王子市) 鶏白湯らーめん »