« だる磨(東京都八王子市) だる磨味噌 | トップページ | 沖縄そば専門店 和(東京都八王子市) ソーキそば »

2014年1月 7日 (火)

つけ麺 アメミ屋(東京都八王子市) つけ麺+味玉子

Imgp0684a

 お店は富士森公園の道路をはさんで向かい側。

Imgp0689a

お店の前には,メニューが書かれた立て看板。
メニューは,「つけ麺」「チャーシューつけ麺」「ネギつけ麺」など。
「ネギつけ麺」がおいしそうだが,初訪問のお店。
ネギの辛味で味が分らなくなりそうのので「つけ麺」を食べることに。

 お店の中に入り,カウンター席に座り,いちおうメニューを眺める。
先ほどのメニューの写真によると「つけ麺」に味玉は入っていなかった。
ご主人に「つけ麺」と「味玉子」を注文する。

Imgp0688a

 つけ汁は茶色く濁った魚介系豚骨醤油。
表面には刻み玉ねぎが浮いていて,つけ汁の所々に唐辛子の赤い粒。
さらに,つけ汁の中にはチャーシューとメンマ。

Imgp0686a

 麺は屈指の極太。
麺の所々には茶色い粒があり,表面は羊羹の切り口のようにてかっている。
麺の量は推定250~300gとたっぷりで通常のラーメンの2倍ほど。
麺の脇には,味玉と海苔。

 まず,つけ汁を味わう。
つけ汁は,煮魚や煮物のような和風の甘口で魚介系のダシがきいている。
私のバカ舌ではなんともいえないが干しシイタケもきいているような気も。
魚の生々しさやアクもひっくるめて,魚風味が前面に出ている。
刻み玉ねぎの香味で後味すっきり。

 続いて麺をつけ汁に浸してすする。
麺は表面がつるりとしていて生地がしっかりとしている。

 テーブルの上には何やら薬味の入った壺が置いてある。
蓋を開けて中を覗いてみると「魚粉」。
さっそくつけ汁の中に投入。
つけ汁の魚パワーがさらに増す。

 最後はスープ割り。
スープ割りはポットに入ったスープで。
貧乏性なので,つけ汁の器になみなみと注ぐ。
スープで割ったつけ汁は,魚のダシの酸味が加わってさらに魚がパワーアップ。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 つけ麺 アメミ屋

[住所]
 東京都八王子市台町1-17-5

[アクセス]
 JR西八王子駅から徒歩20分くらい

[訪問日]
 2013/12

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 つけ麺 アメミ屋
 http://ramendb.supleks.jp/s/63040.html

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« だる磨(東京都八王子市) だる磨味噌 | トップページ | 沖縄そば専門店 和(東京都八王子市) ソーキそば »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/54517101

この記事へのトラックバック一覧です: つけ麺 アメミ屋(東京都八王子市) つけ麺+味玉子:

« だる磨(東京都八王子市) だる磨味噌 | トップページ | 沖縄そば専門店 和(東京都八王子市) ソーキそば »