« 来来亭 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) 味玉ラーメン | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) チャーシューメン »

2012年12月 7日 (金)

喜多方ラーメン 坂内 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) 焼豚ラーメン

Imgp0114a

 お店は白壁の蔵を模したつくり。
時刻はお昼の2時すぎ。
実は,お昼の1時すこし前にお店にやってきたけれども,お店の前には数人の行列ができていたので,先に用事を済ましてから再びやってきた。

 半円形にレイアウトされたカウンター席に座り,ファミレスのようにプラスチックでコーティングされたメニューを眺める。
こちらのお店は,以前訪れたときに,チャーシューがとてもおいしかった覚えがある。
期間限定の「焦がしごまみそラーメン」も気になったけれども,やはり,「焼豚ラーメン」を注文することに。
ところで,「焼豚」は,「やきぶた」と読むのか?
それとも「チャーシュー」と読むのか?
とりあえず,店員さんを呼んで,

 「"やきぶた"ラーメンをお願いします。」

と伝える。
注文を受けた店員さんは,

 「麺は太麺と細麺のどちらにしますか?」

と聞く。
太麺好きなので太麺でお願いする。

Imgp0116a

 丼の表面を覆いつくす焼豚。
スープは薄口の醤油色。
麺は平たく縮れた太麺。
焼豚の下には,ネギとメンマが隠れている。
関東系のお店だけに,ネギは白い部分を使っている。

 まず,スープを味わってみる。
スープは醤油がきいた辛口。
あっさりとして後味がすっきりとした鶏ガラベース・・・と思ったら,後でお店のHPで確認してみると,豚骨ベース。
私の味覚のいいかげんさを再確認。
豚骨ながら臭みはなく鶏ガラスープのようにあっさりと仕上がっているということで・・・。

 続いて,表面の焼豚を味わってみる。
焼豚は一口サイズにカットされていて小ぶりだけれども,けっこう厚みがあり,数も多いのでボリューム満点。
タレがよく浸みていてとろけるように柔らかい。
焼豚が小ぶりなのは,タレを中までしっかり浸みこませるためか?

 続いて麺をすすってみる。
もっちりとした平打ちの太い縮れ麺は,食べ応え十分。

 麺,スープ,チャーシュー,いや,焼豚と三拍子そろった逸品です。

-----------------------------------------

[店名]
 喜多方ラーメン 坂内 鈴鹿店

[住所]
 三重県鈴鹿市算所3-8-23

[アクセス]
 近鉄 平田町駅から徒歩5分くらい。

[訪問日]
 2012/11

[参考HP]

[1] 食べログ
 http://tabelog.com/

 喜多方ラーメン 坂内 鈴鹿店
 http://tabelog.com/mie/A2402/A240202/24001712/

[2] 喜多方ラーメン 坂内・小法師
 http://www.mensyoku.co.jp/index.htm

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 来来亭 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) 味玉ラーメン | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) チャーシューメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/48053127

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方ラーメン 坂内 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) 焼豚ラーメン:

« 来来亭 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) 味玉ラーメン | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) チャーシューメン »