« 丸源ラーメン 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) デラックス肉そば | トップページ | 来来亭 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) 味玉ラーメン »

2012年11月30日 (金)

夜鳴ラーメンいとうや(三重県鈴鹿市) 夜鳴ラーメン

 冷たい雨が降りしきる中,お店に到着。

Imgp0097a

どういう訳か,最近,ラーメン店を訪れるとき,天気が悪いことが多いのは気のせい?
「夜鳴」という響きが凛とした夜の寒さとその中のラーメンのお店の温かさを連想させる。

 お店の中に入り,空いているカウンター席に座り,メニューを眺める。

Imgp0092a

Imgp0093a

意外にも一番人気は,「玉子とじラーメン」。
二番人気は,「うま辛夜鳴ラーメン」。
極太麺の「みそ煮込みラーメン」も気になるし,「グリーンカレーつけ麺」も気になる。
極厚炙りチャーシュー入りの「坦々麺」も気になる。
鈴鹿名物の「蒲焼き豚丼」も気になるし・・・。
結局,基本の「夜鳴ラーメン」を少しコワモテの白衣のご主人に注文する。

 お店はまだ新しい。
カウンター席前のLEDディスプレィには,「お持ち帰りラーメン」の案内が表示されている。

Imgp0095a

 スープは透き通っている。
分類は「醤油」か「塩」か?

 麺は中細の縮れ麺。
生地は半透明。
聞くところによると,この手の麺は,「加水率が高い」というらしい。

 トッピングは,チャーシュー,茹で玉子,ワカメ,コーン,ネギ。
ネギは青い部分が多く,関西風。

 そういえば,最近,TVで「三重県は西日本なのか,それとも,東日本なのか?」という番組をやっていた。
番組での結論は,確か「西日本でもなく,東日本でもなく,三重県は三重県」ということだったと記憶している。
愛知県出身の私的には三重県は関西圏であり,分類は西日本だと思う。
むしろ,私的には,愛知県が西日本でもなく,東日本でもなく「愛知県」ではないかと思う。

 まず,スープを味わってみる。
スープは,カツオと昆布がきいた和風。
まさに私のストライクゾーンのど真ん中。
こいつは死ぬほどうまい。
うまく言葉で表せないのがもどかしい。
呑んだ後の「シメ」をターゲットにしているのか,塩加減はやや強め。
個人的には,もう少し塩加減をおさえてもらえれば完璧。
いや,塩すらいらないくらいダシがいい。

 続いて麺をすすってみる。
しっかりとしたコシを感じる。

 恐ろしくうまかったのは,チャーシュー。
タレがしっかりと浸みていて,とにかく味がいい。
チャーシューメンにすればよかったと後悔。

-----------------------------------------

[店名]
 夜鳴ラーメンいとうや

[住所]
 三重県鈴鹿市道伯2丁目10-10

[アクセス]
 近鉄 平田町駅から徒歩20分くらい。

[訪問日]
 2012/11

[参考HP]

[1] 食べログ
 http://tabelog.com/

 夜鳴ラーメンいとうや
 http://tabelog.com/mie/A2402/A240202/24001782/

[2] ラ王への道
 http://raou.maxs.jp/index.htm

 夜鳴ラーメンいとうや
 http://raou.maxs.jp/shop/476.htm

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 丸源ラーメン 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) デラックス肉そば | トップページ | 来来亭 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) 味玉ラーメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/47967196

この記事へのトラックバック一覧です: 夜鳴ラーメンいとうや(三重県鈴鹿市) 夜鳴ラーメン:

« 丸源ラーメン 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) デラックス肉そば | トップページ | 来来亭 鈴鹿店(三重県鈴鹿市) 味玉ラーメン »