« 麺屋侍 八王子店(東京都八王子市) 濃厚魚粉豚骨つけ麺 | トップページ | 弘前軒(東京都日野市) 特製中華そば »

2012年9月14日 (金)

麺処 あずき(東京都八王子市) トマトつけ麺

 お店は八王子駅から少し離れた住宅街。

Imgp9947a

お店の中に入る。
入って右手側には券売機。
券売機は調子が悪いらしく,

 「お札が戻ってくることがありますが,何度もトライしてみてください。」

といった内容の貼り紙。
千円札を入れてみると,本当に戻ってくる。
ただ,2回目にしてあっけなく投入成功。
メニューは,ラーメン,つけ麺,トマトつけ麺。
目当ては,前回気になっていたトマトつけ麺。
券売機には,

 「トマトつけ麺は,つけ麺の食券を買って口頭で注文してください。」

といった貼り紙。
つけ麺の食券を買い,カウンター越しにご主人に渡し,

 「トマトつけ麺でお願いします。」

と伝える。

Imgp9941a

テーブルの上には,スープのうんちく書き。
ティッシュケースの上には,「扇子」がおいてある。
うちわが置いてあるお店は見たことがあるけれども扇子ははじめて。

Imgp9942a

テーブルの上には知恵の輪も。
ヒマなのでカシャカシャとトライしてみる。
これまでの人生で知恵の輪を外したことは一度もない。
今回も外れる気配がまるでない。
こういうのは生まれつきのセンスのようなものが必要なのだろうか?
ちなみに,昔流行ったルービックキューブも一度たりともそろえたことがない。

Imgp9946a

 スープはトマトの赤。
中には刻みタマネギ。
多分,八王子系初のトマト味。

Imgp9944a

 麺は中細麺。
麺には濃い緑色のハーブ(?)がいっしょに練りこまれている。
麺の上には一筋の青のりと胡麻。
麺の量は200gほどでつけ麺としては標準的。
お店の厨房には製麺機らしきものが置いてあり,恐らく自家製麺。
この「変わり麺」もご主人のお手製なのだろう。

 つけあわせは,チャーシュー,味玉,水菜。
上から黒いバルサミコ酢がかかっている。

 まず,つけ汁をいただいてみる。
つけ汁はそのとおりトマト味。
さらりとしてあっさりとしているけれども,後味には何日か煮込んだミートソースのような深みがある。

 次に,麺をつけ汁に浸していただく。
麺は少し柔らか目。
ハーブ(?)をいっしょに練りこんでいるせいで,麺の生地がまとまりにくくなっているらしい。
印象は,ふつうの中華麺ともちょっと違うし,もちろん,パスタとも違う不思議なもの。
うまく説明できない。

 最後にスープ割りをお願いする。
スープ割りのスープはたっぷりと注いでもらえて貧乏性の私的には満足。
魚介系のダシと椎茸のような風味が増し,洋風なのか和風なのかよく分からない不思議な風味だった。

 これまでの記事はこちら。

 麺処 あずき(東京都八王子市) チャーシューメン+味付玉子
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-bafc.html

-----------------------------------------

データ

[店名]
 麺処 あずき

[住所]
 東京都八王子市本町14-10

[アクセス]
 JR「八王子駅」から徒歩15分くらい

[訪問日]
 2012/08

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 麺処 あずき
 http://ramendb.supleks.jp/s/33854.html

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 麺屋侍 八王子店(東京都八王子市) 濃厚魚粉豚骨つけ麺 | トップページ | 弘前軒(東京都日野市) 特製中華そば »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/47028656

この記事へのトラックバック一覧です: 麺処 あずき(東京都八王子市) トマトつけ麺:

« 麺屋侍 八王子店(東京都八王子市) 濃厚魚粉豚骨つけ麺 | トップページ | 弘前軒(東京都日野市) 特製中華そば »