« 煮干そば 虎空(東京都八王子市) 味玉煮干そば | トップページ | らーめん・つけめん いつ樹(東京都青梅市) 海老つけ麺 »

2012年7月24日 (火)

手打うどん 小島屋(東京都東村山市) 肉汁うどん(並)+焼きだんご

 お店に到着したのは,昼食には少し早い午前11時ごろ。

Imgp9690a

お店の建物の隣には,薪が山のように積まれていて,お店の方が斧で薪割りをしている。
聞くところによると,うどんを茹でる燃料にこの薪を使っているらしい。

 お店の中に入る。
客席はテーブル席とお座敷席とがある。
テーブル席に座ってメニューを眺める。
メニューは,各種うどんのほかに天ぷらや東村山周辺でよく売っている「焼きだんご」がある。
うどんの一番人気は,やはり,武蔵野うどんの定番の「肉汁うどん」。
注文を取りに来た店員さんに「肉汁うどん(並)」と「焼きだんご」を注文する。
すぐに店員さんが,

 「お待たせしました。」

と,うどんと焼きだんごを運んでくる。

Imgp9691a

・・・いや,全然待っていないんですけど・・・。
どちらも作り置きしているらしい。

Imgp9694a




 うどんは,少し灰色がかっている。
うどんの量は1玉くらい。
「並」の場合,うどんだけだと大人の男性にはちょっと足りないかもしれない。

 うどんの脇には,茹でたさやいんげんと茄子の天ぷらが添えられる。
店員さんによると,

 「茄子の天ぷらはサービスです。」

とのこと。

Imgp9693a

 つけ汁は醤油の色が濃い目。
中には,豚バラ肉が入っている。

 うどんをつけ汁に浸して食べる。
うどんの茹で加減はやや柔らか目。
つけ汁は少し甘口で,豚バラ肉の旨みがよく出ている。

 続いて焼きだんご。

Imgp9696a

 焼きだんごは,1本あたり4個。
醤油ダレで香ばしく焼かれている。
醤油ダレは意外にも辛口で,砂糖は使われていないようだ。
砂糖が貴重品だった昔のだんごは,こんな感じだったのだろうか。

 店員さん(というより,"おばちゃん")が話しかけてくる。

 「どこから来たんですか?」

 「東京都内です。」

 「少し"なまり"があるんで,関西の人かと思った。」

 「生まれは,愛知県なんです。」

 「東京のどこから来たんですか?」

   ・・・

 お店を後にして,吹上公園に立ち寄ってみる。

Imgp9699a

ちょうど,菖蒲が見ごろ。

Imgp9698a

唐辛子の菖蒲も。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 手打うどん 小島屋

[住所]
 東京都東村山市野口町3-10-3

[アクセス]
 東村山駅から徒歩15分くらい。

[訪問日]
 2012/06

[参考HP]

[1] 食べログ
 http://r.tabelog.com/

 手打うどん 小島屋
 http://r.tabelog.com/tokyo/A1328/A132806/13005966/

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 煮干そば 虎空(東京都八王子市) 味玉煮干そば | トップページ | らーめん・つけめん いつ樹(東京都青梅市) 海老つけ麺 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/46412735

この記事へのトラックバック一覧です: 手打うどん 小島屋(東京都東村山市) 肉汁うどん(並)+焼きだんご:

« 煮干そば 虎空(東京都八王子市) 味玉煮干そば | トップページ | らーめん・つけめん いつ樹(東京都青梅市) 海老つけ麺 »