« 麺匠 ヒムロク(東京都西東京市) つけそば+特製トッピング | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) チャーシューメン »

2012年5月16日 (水)

らあめん大安(東京都八王子市) チャーシューメン

 お店に到着したのは開店からほどない午前11すぎ。

Imgp9257a

どういうわけか,こちらのお店は,天気が悪い日にやってくることが多い。
駅から近いせいかもしれない。

 暖簾をくぐってお店の中に入る。
昼食には早い時間なせいか,お客さんは少ない。

 入って右手側には券売機が置いてある。
「チャーシューメン」のボタンを確認すると,「売切」のサインはない。
これまで何度かやってきたけれども,「チャーシューメン」は人気があるのか,それとも,数量限定なのか,「売切」になっていることが多い。
迷わず,「チャーシューメン」の食券を買う。

 麺の茹で時間はそれほど長くない。
お客さんが少ないこともあって,すぐに出来上がる。

Imgp9255a

 大ぶりな3枚のチャーシューが丼を覆っている。
チャーシューのうちの1つは,厚さ3cmほどもあり,厚切りのステーキのよう。

 チャーシューの上には,刻み海苔がたっぷりとのっている。
量が多いせいか,エアコンの風で海苔が吹き飛んでしまい,慌てて回収する。

 まず,薄い方のチャーシュー(薄い方とはいえ,平均的なチャーシューの2倍ほどの厚さがあるけれども)を食べる。
チャーシューは,比較的脂身が少なく,さっぱりとしたタイプ。
この手のチャーシューは,パサパサなものが少なくないけれども,しっかりと煮込まれているせいか,パサパサ感はあまり気にならない。

 チャーシューの跡地に麺が顔を出す。
麺はややひらべったい中細麺で縮れがある。
表面はつるりとしている。
生地はしっかりとしていて,麺の太さ以上の食べ応えがある。
麺の量は300gあり,標準的なラーメンの2倍の量がある。

 続いてスープをすすってみる。
スープは昆布のまろやかな風味が印象的なあっさりとしたタイプ。
どことなく,胡麻油のような風味がある。

 次に,厚い方のチャーシューにかぶりつく。
なんだか,ワイルドな気分になる。
チャーシューは,このタイプのチャーシューとしては柔らかく,かじると歯型が残るほど。

 麺の量が多く,チャーシューも巨大。
満腹になることは間違いない。

これまでの記事はこちら

 らあめん大安(東京都八王子市) ざるチャーシュー
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-106a.html

 らあめん大安(東京都八王子市) チャーシューメン
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-d2a7.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 らあめん大安

[住所]
 東京都八王子市子安町1-11-10エリートビル1F

[アクセス]
 JR八王子駅から徒歩3分くらい

[訪問日]
 2012/03

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 らあめん大安
 http://ramendb.supleks.jp/shop/28652

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 麺匠 ヒムロク(東京都西東京市) つけそば+特製トッピング | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) チャーシューメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/45261658

この記事へのトラックバック一覧です: らあめん大安(東京都八王子市) チャーシューメン:

« 麺匠 ヒムロク(東京都西東京市) つけそば+特製トッピング | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) チャーシューメン »