« 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) もりそば魚 | トップページ | つけ麺専門店 二代目のぶ(東京都青梅市) 肉つけ麺 »

2012年5月22日 (火)

豊田大勝軒(東京都日野市) チャーシューメン

 お店に到着したのは夜7時ごろ。

Imgp9381a

お店は,かつて「めんりき匠」や「美豚」があった場所。
入れ替わりが激しい。

 お店の中をのぞいてみると,お客さんはひとりもいない。
訪問するのは,今回が初めて。
意を決して中に入る。

 お店に入って右手側には,券売機が置いてある。
食券を買おうとすると,店員さんが,

 「現金でお願いしていますので,席の方へお願いします。」

と声をかける。
よく見ると券売機には

 「使用中止」

と書かれた貼り紙が貼ってある。

 メニューを眺める。

Imgp9377a

メニューは,中華麺,ワンタンメン,チャーシューメンなど。
「もりそば」や「つけ麺」がないあたり,大勝軒は大勝軒でも「東池袋系」ではないらしい。
今回は「チャーシューメン」を注文する。

Imgp9379a

 まだ新しい銀色のお盆の上には,洗面器ほどの巨大な丼。
巨大な丼の中にはスープがなみなみと注がれ,たっぷりの麺が泳いでいる。
スープには煮干しやかつお節の粒子が大量に入っている。
スープの表面の油膜は比較的厚い。
トッピングは,チャーシュー,海苔,なると,ネギ。
海苔の上には柚子の欠片が置いてある。
ビジュアルからして,こちらのお店は「永福町系」の大勝軒のようである。

 まず,スープをレンゲですくって味わってみる。
スープは,煮干の苦みやかつお節の酸味がきいた大人味。
醤油の風味がきいた辛口。

 麺は中細。
やや柔らか目の茹で加減。
麺の量は多く,一般のお店の2倍ほどで,300gほどはありそう。

 予想外にうまかったのはチャーシュー。
柔らかく,タレがしっかりと浸みている。

 そのうちにお客さんがひとりお店にやってくる。
メニューを眺めると,

 「つけ麺はないんですか?」

と店員さんに尋ねる。
やはり,「大勝軒」といえば,「東池袋大勝軒」のつけ麺の印象が強いらしい。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 豊田大勝軒

[住所]
 東京都日野市多摩平1-10-8 谷合ビル1F

[アクセス]
 JR豊田駅北口から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2012/04

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 豊田大勝軒
 http://ramendb.supleks.jp/s/55962.html

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) もりそば魚 | トップページ | つけ麺専門店 二代目のぶ(東京都青梅市) 肉つけ麺 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/45350021

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田大勝軒(東京都日野市) チャーシューメン:

« 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) もりそば魚 | トップページ | つけ麺専門店 二代目のぶ(東京都青梅市) 肉つけ麺 »