« 金久右衛門 本店(大阪府大阪市東成区)大阪ブラック | トップページ | 神座 道頓堀店(大阪府大阪市中央区)おいしいラーメン »

2012年4月 7日 (土)

麺座ぎん(大阪府堺市堺区)特製つけ麺

 お店に到着したのは,開店予定時刻の午前11時の20分前。
事前に調べた情報によると,行列店であり,しかも,回転が恐ろしく悪いそうなので早めにやってきた。

Imgp9121a

お店は開店準備中。
まだ行列はない。
開店予定時刻まで,駅前の商店街をぐるりとひとまわりして時間調整することに。

 ・・・

 午前11時ごろに再びお店に戻る。
お店の前には数人の行列ができている。
・・・油断大敵。

 お店の入口の左側には券売機が置いてある。
主なメニューは,ラーメン,つけ麺,油そば。
当初の予定どおり,「特製つけ麺」の食券を買って,カウンター席に座る。
食券を店員さんに渡すと,店員さんは,

 「熱いのと冷たいのとどちらにしますか?」

と聞く。
麺は冷水でシメた方が旨い。
「冷たいの」でお願いする。
店員さんは

 「少々お時間いただきます。」

と一言添える。
麺の茹で時間は長いらしい。
店員さんの言うとおり,茹で時間は長い。
ただ,期待は大。

 ・・・

Imgp9123a

 麺は期待以上のうどん級の極太麺。
麺には少し光沢がある。
麺の量は多く,300g(茹でる前)ほどはありそう。
ちなみに,つけ麺は200gくらいのお店が多い。

Imgp9125a

 つけ汁は,茶色く濁った魚介豚骨醤油。
表面には胡麻とひとすじのオレンジ色の油が浮いている。
所々に赤い唐辛子の粒も浮いている。
つけ汁の中には,味玉,チャーシュー,メンマ,魚粉,海苔,青菜が入っている。
珍しいことに,ネギは入っていない。

 麺をつけ汁に浸してすすってみる。
つけ汁は少しとろみがあり,やや甘口。
豚骨のクリーミィさがあり,魚介系のダシのほろ苦さがいい。
甘口で胡麻が入っているせいか,どことなく,「焼肉のタレ」のような風味も入っているような気がする。
一般的な魚介豚骨醤油ではなく,こちらのお店特有のオリジナリティがある。

 麺は堅めの茹で加減。
麺の質はやや硬質。
しかも極太麺だけに食べ応えがある。
丼にいっぱいの極太麺はボリューム満点。

 最後にスープ割りをお願いする。
店員さんは

 「魚介系スープと豚骨スープのどちらにしますか?」

と聞く。
これまで色々なお店を巡ってきたが,スープ割りのスープが選べるお店は初めて。
魚好きなので,「魚介系スープ」でお願いする。

 つけ汁の丼を受け取った店員さんは,丼にスープを足した後,丼を電子レンジの中に入れる。
つけ汁を温めなおすのに電子レンジを使うお店も初めて。
ありそうでなかった方法。

 電子レンジで温めなおしたつけ汁に刻みネギを足してスープ割りは完成。

 スープで割ったつけ汁はまだまだ味が濃い。
そういえば,麺がうどん級の極太麺であるにもかかわらず,つけ汁は麺に負けることはなかった。
極太麺に対抗するために,つけ汁はもともとかなり濃いめに作ってあったらしい。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺座ぎん

[住所]
 大阪府堺市堺区北瓦町2‐3‐23

[アクセス]
 南海高野線「堺東駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2012/01

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 麺座ぎん
 http://osaka.ramendb.supleks.jp/s/2874.html

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 金久右衛門 本店(大阪府大阪市東成区)大阪ブラック | トップページ | 神座 道頓堀店(大阪府大阪市中央区)おいしいラーメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/44793437

この記事へのトラックバック一覧です: 麺座ぎん(大阪府堺市堺区)特製つけ麺:

« 金久右衛門 本店(大阪府大阪市東成区)大阪ブラック | トップページ | 神座 道頓堀店(大阪府大阪市中央区)おいしいラーメン »