« ラーメン・つけ麺 神起(兵庫県神戸市中央区)味噌ラーメン豚入り | トップページ | パンデュース(大阪府大阪市中央区) お野菜たっぷりのオープンサンドほか »

2012年3月10日 (土)

うどん屋 きすけ(大阪府大阪市北区) 鯛ちくわ天と温泉たまごのぶかっかけ

 阪急梅田駅から2階が高速道路になった広い道路を歩いてお店に向かう。
目印の「鶴野町北」交差点を右に曲がって少し行くとJRの高架の手前に目的のお店を発見。

Imgp8928a

お店の前にはメニューがたてかけられている。

Imgp8929a

とりあえず,お店に入る。

 時刻は昼食には遅く夕食には早い午後3時。
にもかかわらず,客席は8割ほど埋まっている。

 空いていたカウンター席に座り,メニューをながめる。

Imgp8930a



メニューは冷たいうどんと温かいうどん。
天ぷら類も充実している。

 外は冷たい雨がしとしとと降っていて体は冷え切っている。
あたたかいものが食べたいところだが,うどんのコシを味わうには冷たいうどんの方がいい。
メニューに「大人気」と書かれた「鯛ちくわ天と温泉たまごのぶかっかけ」を注文する。

 麺は茹で置きをしないらしい。
茹で時間は10~15分。
うどんはラーメンよりも太いので茹で時間がかかる。

 出来上がりを待つ間,店員さんたちの仕事をながめる。

 お店の奥には製麺機が置いてある。
ローラー何度も生地を通して薄く延ばした後,薄い生地を機械で切って麺に仕上げる。

 ご主人は「あと20秒。」とときおり,店員さんに声をかける。
茹で時間を秒単位で管理しているらしい。

 麺の水切りの方法が変わっている。
茹であがった麺を氷水でシメた後,箸で麺をつまんで,麺を手でしごく。

Imgp8932a

 麺の太さはうどんとしては標準的。
麺はエッジが立っていて,やや透明感がある。

 つゆは黒い。
大坂のうどんは薄味という先入観を持っていたのでこれは意外。

 トッピングは,ちくわの天ぷら,温泉玉子,万能ネギ,生姜,胡麻,レモン。

 まず,レモンを搾る。
続いて温泉玉子が潰れないように注意しながら,麺とつゆとを混ぜ合わせる。
ちなみに,私は,生卵が大の苦手で,温泉玉子は「ぎりぎり」。

 麺を箸で引き出そうと試みる。
しかし,弾力が強い麺は,ゴムのように伸びてしまい,容易には引き出すことができない。
麺の表面はつるりとしていて,コシが強い。
食感はグミに似ていて,噛んでも歯がはね返されてしまうほどの弾力がある。
噛んでいるうちにアゴが疲れてくる。

 ちくわの天ぷらは揚げたてで熱々で,衣はパリリとしている。
風味はちくわとしては甘みが強い。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 うどん屋 きすけ

[住所]
  大阪府大阪市北区鶴野町4-1 コープ野村梅田A棟

[アクセス]
 阪急梅田駅から徒歩10分くらい

[訪問日]
 2012/01

[参考HP]
[1] 食べログ
 http://tabelog.com/

 うどん屋 きすけ
 http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27015342/

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« ラーメン・つけ麺 神起(兵庫県神戸市中央区)味噌ラーメン豚入り | トップページ | パンデュース(大阪府大阪市中央区) お野菜たっぷりのオープンサンドほか »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/44439385

この記事へのトラックバック一覧です: うどん屋 きすけ(大阪府大阪市北区) 鯛ちくわ天と温泉たまごのぶかっかけ:

« ラーメン・つけ麺 神起(兵庫県神戸市中央区)味噌ラーメン豚入り | トップページ | パンデュース(大阪府大阪市中央区) お野菜たっぷりのオープンサンドほか »