« シャトー ラ ヴェリエール(成城石井) | トップページ | うどん屋 きすけ(大阪府大阪市北区) 鯛ちくわ天と温泉たまごのぶかっかけ »

2012年3月 9日 (金)

ラーメン・つけ麺 神起(兵庫県神戸市中央区)味噌ラーメン豚入り

 お店に到着したのは,夜の6時ごろ。

Imgp8949a

お店の中に入ると,客席はがらりとしている。
こちらのお店に限らず,ラーメン専門店は,夜になると空いていることが多い。

 お店に入ってすぐ左手側に券売機が置いてある。
その隣の壁にはメニューが貼ってある。

Imgp8859a

メニューは,「ラーメン」「味噌ラーメン」「つけ麺」「辛つけ麺」。
麺の量は並盛りで200gあり,一般のお店の1.5倍ほど。
「味噌ラーメン」と「つけ麺」のどちらにするか迷う。
二郎系のラーメンで味噌味は珍しいし,魚介豚骨のつけ麺も珍しい。
結局,「味噌ラーメン豚入り」の食券を買う。

 空いていたカウンター席に座り,食券を店員さんに渡す。
食券を受け取った店員さんは,

 「ニンニク入れますか?」

と聞く。
すかさず,

 「お願いします。」

と答える。
さらに店員さんは,

 「トッピングはどうされますか?」

と聞く。
カウンター席の前には,トッピングメニューが置いてある。

Imgp8858a

無料トッピングは,ニンニク,野菜,かつお節,アブラ,カラメ(醤油ダレ)。
前回の経験から,ニンニク増し,野菜増し,かつお節増しでお願いする。
カラメは,前回やや味が濃すぎた印象だったのでやめておく。
ちなみに,「麺少なめ」もでき,この場合,代わりに味玉がついてくる。

Imgp8950a

横からも撮影。

Imgp8953a

丼の上には野菜がたっぷりで,典型的な二郎系のラーメン。
野菜は,定番のキャベツとモヤシ。
ただし,モヤシの率が高い。
山の高さは自分的にはちょうどよさそう。
頂上には,脂がかかっていて,さらにその上にかつお節がのる。
麓には刻みニンニクとチャーシュー。

 まず,チャーシューと野菜の山を食べて,麺とスープの引き出し口の確保にかかる。
野菜をいくらか食べたところで,スープを味わってみる。
スープは豚骨が主体の甘口。
ただ,味噌のせいか,醤油味のラーメンよりも若干辛口な気がする。
脂の量は,私が知っている二郎系のお店の中では比較的少なめ。

 続いて,麺を引き出す。
麺は神戸市内では最も太い部類でやや平べったい。
ぼそっとした独特の歯ごたえがある。

 チャーシューは醤油ダレがよく利いている。
このタイプのチャーシューは,二郎系のラーメンではちょっと珍しいと思う。

 これまでの記事はこちら

 ラーメン・つけ麺 神起(兵庫県神戸市中央区)ラーメン
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-bf75.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 ラーメン・つけ麺 神起

[住所]
 兵庫県神戸市中央区相生町4-2-24サザン神戸品川1F

[アクセス]
 JR神戸駅から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2012/01

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 ラーメン・つけ麺 神起
 http://hyogo.ramendb.supleks.jp/s/27564.html

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« シャトー ラ ヴェリエール(成城石井) | トップページ | うどん屋 きすけ(大阪府大阪市北区) 鯛ちくわ天と温泉たまごのぶかっかけ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/44420869

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン・つけ麺 神起(兵庫県神戸市中央区)味噌ラーメン豚入り:

« シャトー ラ ヴェリエール(成城石井) | トップページ | うどん屋 きすけ(大阪府大阪市北区) 鯛ちくわ天と温泉たまごのぶかっかけ »