« 今中(兵庫県明石市) 玉子焼き | トップページ | しんか(兵庫県神戸市中央区) チャーシューつけ麺 »

2012年2月 4日 (土)

青森(兵庫県神戸市長田区) すじそばめし焼き

 新長田駅近くの大通りを少し外れたところにお店を探す。
お店に近づくにつれてソースが焦げる香りが漂ってくる。

Imgp8704a

 お店に到着したのは時刻はお昼の1時半ごろ。
入り口の扉を開けて中に入る。
お店の中央には大きな鉄板があり,その周囲をお客さんが取り囲んでいる。
客席はほぼ満席。
かろうじて空いていた鉄板脇の席に案内される。

 壁にかかったメニューを眺める。
メニューは多い。
メニューをじっくりとひととおり眺め,鉄板の方に向きなおすと,ご主人が

 「何にしますか?」

と聞く。
まだ,何にするか決めかねていたけれど,「すじそばめし焼き」を注文する。

 注文を受けたご主人は,鉄板にご飯と中華そばをのせる。
そして,両手に持ったコテで中華そばを細かく切り刻みながら,ご飯と中華そばを豪快に炒めはじめる。
しばらくして,そばめしが焼きあがり,焼きあがったそばめしを大きなコテで私の前の鉄板の上に置く。
そして

 「ソースは甘口と辛口のどちらにしますか?」

と聞く。
いきなりの質問だったので判断に迷ったけれど,辛口でお願いする。
ご主人は,そばめしの上にさらに辛口ソースをかける。

Imgp8705a

 中華そばはご飯粒と同じ大きさに細かく刻まれている。
具はキャベツと牛スジ。
チャーハンのような焼そばのような不思議な食べ物。

 ご主人は

 「スプーンを出しましょうか?」

と聞く。
とりあえず,通ぶって遠慮する。
そして,コテを使って食べ始める。

 ソース風味は間違いなくうまい。 
ソースはややスパイシー。
牛スジが味に深みを与えている。
ソースをかけたところはソースの酸味やスパイシーさを強く感じられ,鉄板に面したところはパリッとした香ばしい風味を楽しめる。

 コテを使って食べている様子が危なっかしく見えたのか,ご主人は再び

 「スプーンを出しましょうか?」

と聞く。
実際に試してみるとコテでは食べにくい。
今度はスプーンをお願いする。
スプーンを使った方が,がっつりとほおばることができ,おいしく食べることができた。

 お勘定を済ませてお店を後にしようとするとご主人は

 「ありがとう。」

と声をかける。

-----------------------------------------
[店名]
 青森

[住所]
 兵庫県神戸市長田区久保町4-8-6

[アクセス]
 JR新長田駅から徒歩10分くらい。

[訪問日]
 2011/12

[参考HP]

[1] 食べログ
 http://tabelog.com/

 青森
 http://r.tabelog.com/hyogo/A2801/A280110/28000773/

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 今中(兵庫県明石市) 玉子焼き | トップページ | しんか(兵庫県神戸市中央区) チャーシューつけ麺 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/43978052

この記事へのトラックバック一覧です: 青森(兵庫県神戸市長田区) すじそばめし焼き:

« 今中(兵庫県明石市) 玉子焼き | トップページ | しんか(兵庫県神戸市中央区) チャーシューつけ麺 »