« 喜奴屋(東京都立川市)特つけ麺(塩) | トップページ | 電気ブラン(オールド)(神谷バー) »

2011年6月 8日 (水)

濃菜麺 井の庄(東京都練馬区)味玉濃菜麺(野菜大盛り)

 お店に到着したのはお昼の12時半ごろ。

Imgp7905a

お店の入り口はガラス張り。
客席は満席で,お店の中には7~8人の行列ができている。
どういうわけか,ファミリーのお客さん,カップル,女性2人組が多い。

 お店の入り口を入って右手側に券売機が置いてある。
メニューはこんな感じ。

Imgp7902a

軸となるメニューは「濃菜麺」と「濃菜つけ麺」。
これに「辛辛」を追加すると激辛になる。
「辛辛」が気になるけれど,辛くすると味が分からなくなってしまう可能性大なので今回はパス。
「味玉温菜麺」と「野菜大盛り」の食券を買って,カウンター越しに店員さんに渡して順番を待つ。

 20分ほど待っただろうか。
客席が空いて私の順番がまわってくる。

Imgp7903a

 丼の上には,炒めた野菜がたっぷり。
ビジュアルは一見「タンメン」だけれども,スープは茶色く濁った豚骨醤油なので,「タンメン」とはちょっと違う。
野菜は,キャベツ,モヤシ,ニンジン,ニラ。
このほかのトッピングは,ローストポーク,追加した味玉。

 まず,野菜を食べて麺の引き出し口を確保する。
野菜はシャキシャキ感があり,ちょうどいい火加減。
ほんのりバターの風味があり,これによってコクとまろやかさが加わっている。

 続いてスープを味わってみる。
スープはとろみがあり濃厚で,スープに触れた上下の唇が互いにくっついてしまうような感覚がある。
豚骨の臭みはなく,油分は比較的少ない。
濃厚ではあるが脂っこくはない。
野菜の甘みと豚骨の甘みによって全体の印象は「甘口」である。

 次に麺をすすってみる。
麺は太麺。
麺のカドは鋭くなく,口当たりは柔らかい。
食感はもっちりとしている。
表面には若干のぬめりを感じたが,麺によるものなのか,スープによるものなのかは分からない。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 濃菜麺 井の庄

[住所]
 東京都練馬区練馬1-6-18コンフォートⅢ1階B号室

[アクセス]
 西武池袋線「練馬駅」からすぐ

[訪問日]
 2011/05

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 濃菜麺 井の庄
 http://ramendb.supleks.jp/shop/21632

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 喜奴屋(東京都立川市)特つけ麺(塩) | トップページ | 電気ブラン(オールド)(神谷バー) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/40319313

この記事へのトラックバック一覧です: 濃菜麺 井の庄(東京都練馬区)味玉濃菜麺(野菜大盛り):

« 喜奴屋(東京都立川市)特つけ麺(塩) | トップページ | 電気ブラン(オールド)(神谷バー) »