« ブルディガラ エクスプレス グランスタ店(東京都千代田区) チーズフロマージュほか | トップページ | 源作印ワイン 赤(秩父ワイン) »

2011年4月 4日 (月)

麺 池谷精肉店(東京都あきるの市) 特我流つけそば

 お店に到着したのは,お昼の12時半ごろ。

Imgp7821a

いつもはできているお店の前の行列は今日はない。
先の巨大地震の影響によるガソリン不足のせいで,自動車でやってくるお客さんが減っているのかもしれない。
電車で来るにしても,停電の影響で運休することもあるので,少々勇気がいる。

 お店の中に入るとカウンター席は満席で,壁際に作られた順番待ち用の椅子には数人のお客さんが座っている。
お店に入ってすぐ右側の券売機で「特我流つけそば」の食券を買って順番を待つ。
すぐにカウンター席が空き,そこに案内される。
食券を受け取った店員さんは,

 「麺の量は,"並盛り"と"多め"のどちらにしますか?」

と聞く。
「並盛り」でお願いする。
続いて,

 「野菜をつけてもいいですか?」

と聞く。
野菜はお願いする。

 厨房の中で麺を茹でるご主人は,胸と背中に

 「がんばれ,東北」

と書かれた紙を入れたプラスチックケースをつけている。
ご主人の口数はいつもよりも少ない。

Imgp7818a

 つけ汁の上には白い背脂の粒子が雪のように降り積もっている。
つけ汁の中には,ワンタン,味玉,チャーシュー,茎ワカメ,ネギが入っている。
つけ汁本体の色は醤油で茶色く,さらりとしている。

Imgp7819a

 麺はうどん級の極太麺。
表面には光沢があり,強いコシを予感させる。

 麺をつけ汁に浸して食べてみる。
麺にはつけ汁の表面に浮いた大量の背脂がねっとりと絡みつく。
麺は強力なコシがある。
まじめに噛んで食べていたらアゴが疲れそう。
茎ワカメのコリコリとした食感もいい。

 つけ汁はニンニクの風味が強く,大量の背脂との組み合わせはジャンキー。
醤油ダレがきいた辛口で,太い麺にあわせて味付けは強め。
黒コショウも少し入っている。

 続いて野菜をつけ汁に浸して食べてみる。
ニンニクと背脂,それから,醤油ダレの風味が茹でた野菜とよくあう。

 最後にスープ割りをお願いする。
スープで割ったつけ汁は印象がガラリと変化。
ジャンキーなつけ汁は,一変,カツオ風味の和風のつけ汁になった。

 これまでの記事はこちら。

 池谷精肉店 特つけそば
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_c71f.html

 池谷精肉店 特我流つけそば
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_03aa.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺 池谷精肉店

[住所]
 東京都あきる野市秋川1-2-5

[アクセス]
 JR秋川駅北口から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2011/03

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 麺 池谷精肉店
 http://ramendb.supleks.jp/shop/1387

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« ブルディガラ エクスプレス グランスタ店(東京都千代田区) チーズフロマージュほか | トップページ | 源作印ワイン 赤(秩父ワイン) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/39492081

この記事へのトラックバック一覧です: 麺 池谷精肉店(東京都あきるの市) 特我流つけそば:

« ブルディガラ エクスプレス グランスタ店(東京都千代田区) チーズフロマージュほか | トップページ | 源作印ワイン 赤(秩父ワイン) »