« 焼かりんとう本舗 根津神社表門前店(東京都文京区) 焼かりんとう | トップページ | つるや製菓(東京都八王子市) 都まんじゅう »

2010年11月 6日 (土)

らあめん大安(東京都八王子市) チャーシューメン

 とても八王子駅前とは思えない静かな通りに,まだ出来たばかりの新しいお店を発見。

Imgp6881a

どしゃぶりの雨の中,水たまりを避けながら,お店へ向かう。
お店の中をのぞくとカウンター席は8割ほど埋まっている。
お店の中に入ると右手側に券売機を発見。
どういうわけか券売機のボタンは恐ろしく大きい。
主なメニューは「らあめん」と「ざるらあめん」の2種類。
ネットの情報によると,こちらのお店は,新宿の「らあめん 満来」の暖簾分け店だそうだ。
「らあめん 満来」は行ったことはないけれど,そのすぐ隣にある暖簾分け店の「らぁめん ほりうち」には行ったことがある。

 「らぁめん ほりうち」のお話はこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-f5f0.html

ならば,注文は「チャーシューメン」しかない。

Imgp6880a

 期待どおり,丼の上には特厚のチャーシューが3枚。
3枚のうちの1枚は,厚さ3センチほどもある肉塊。
"薄い"チャーシューでも厚さは1センチほどあり,普通のお店ならば特厚である。
チャーシューの上には刻み海苔がたっぷり。
ふいにエアコンの風が丼にあたり,海苔が飛んでゆきそうになる。
思わず手で海苔をおさえてしまう。
このほかのトッピングは,メンマとネギ。

 麺は中細の平打ち麺。
麺の量は300gと多く,一般のお店の2倍ほど。
普通盛りで既に大盛りであり,しかも,巨大なチャーシューが3枚もある。
満腹になるのは間違いない。

 まず,チャーシューの隙間から麺を引き出してすすってみる。
細い平打ち麺であり,しかも量が多い。
麺がのびないうちに麺を優先して食べる。

 麺は表面がツルリとしていてのどゴシが最高。
生地はしっかりとしていてコシがあり,麺の太さ以上に食べ応えがある。
生地が強力なせいか最後まで麺はのびることはなかった。

 スープは昆布のまろやか風味が印象的なさっぱりとしたタイプ。
ほのかに胡麻油のような香ばしい風味が感じられる。
スープの香ばしい香りは,麺にも絡まって麺の風味が引き立つ。

 チャーシューは柔らかく煮込まれていて,かぶりつくと簡単にほぐれてくる。
味付けは肉の風味が生きる薄味。
食べても食べても小さくならない「魔法のチャーシュー」である。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 らあめん大安

[住所]
 東京都八王子市子安町1-11-10エリートビル1F

[アクセス]
 JR八王子駅から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2010/09

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 らあめん大安
 http://ramendb.supleks.jp/shop/28652

 らあめん 満来
 http://ramendb.supleks.jp/shop/14180

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 焼かりんとう本舗 根津神社表門前店(東京都文京区) 焼かりんとう | トップページ | つるや製菓(東京都八王子市) 都まんじゅう »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/37558810

この記事へのトラックバック一覧です: らあめん大安(東京都八王子市) チャーシューメン:

« 焼かりんとう本舗 根津神社表門前店(東京都文京区) 焼かりんとう | トップページ | つるや製菓(東京都八王子市) 都まんじゅう »