« 武蔵野うどん たまや(東京都八王子市) 田舎汁うどん | トップページ | まるいち(神奈川県三浦市) 特選五点盛り定食と○○鯛の焼き魚 »

2010年9月22日 (水)

タンタン(東京都八王子市) チャーシューメン

 お店に到着したのは午後1時半ごろ。

Imgp6758a

こちらのお店の営業は,平日のお昼だけ。
このため「幻の名店」と呼ばれることも。
「幻の名店」の営業中のショットはちよっとレアもの。

 暖簾をくぐってお店の中に入ると店内はほぼ満席。
カウンターの中では,女性のご主人と女性の店員さんが忙しく動き回る。
空いていた壁際の席に座り,壁に貼られたメニューを眺める。
基本メニューは「ラーメン」と「チャーシューメン」だけ。
忙しい店員さんの手が空いたタイミングを見計らって「チャーシューメン」を注文。
注文を受けた店員さんは

 「麺の茹で加減はどうされますか?」

と聞く。
ネットの情報によると茹で加減は「柔らかめ」らしいが,それもこちらのお店の個性。

 「普通でお願いします。」

とこたえる。

 調理時間は長い。
注文から15分ほど経ったころ,店員さんの

 「チャーシューメンのお客様。」

という背後から声に振り返る。
どうやら,私のことらしい。
カウンターの中の店員が「チャーシューメン」が載ったお盆を持っているので,それをカウンター越しに受け取る。

Imgp6757a

 丼の表面はたっぷりのチャーシューで覆い尽くされている。
チャーシューの中央には「八王子ラーメン」の特徴である刻みタマネギ。
このほか,メンマと海苔がトッピングされている。

 まず,麺の通路を確保するためにチャーシューを食べる。
チャーシューは予想外に分厚くボリューム満点。
噛めば噛むほど味が出るタイプのチャーシューで予想外に旨い。

 続いて麺をすする。
麺は縮れのない黄色い極細麺。
茹で加減は中心に芯を残したアルデンテ。
どちらかといえば茹で加減は「堅め」でこれは意表を突かれる。

 スープはほんのり甘口で味付けはやや薄味。
甘口のスープだけれど,後味はすっきりとしていて,「やさしい味」という表現がぴったり。
刻みタマネギは香味が強く,少しずつスープに溶かしていくとスープに香味が移ってゆき,味の変化を楽しめる。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 タンタン

[住所]
 東京都八王子市子安町1-30-6

[アクセス]
 JR八王子駅南口から徒歩10分くらい

[訪問日]
 2010/08

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 タンタン
 http://ramendb.supleks.jp/shop/4256

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 武蔵野うどん たまや(東京都八王子市) 田舎汁うどん | トップページ | まるいち(神奈川県三浦市) 特選五点盛り定食と○○鯛の焼き魚 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/36874403

この記事へのトラックバック一覧です: タンタン(東京都八王子市) チャーシューメン:

« 武蔵野うどん たまや(東京都八王子市) 田舎汁うどん | トップページ | まるいち(神奈川県三浦市) 特選五点盛り定食と○○鯛の焼き魚 »