« 中華そば・つけめん 甲斐(東京都杉並区) 味玉中華そば | トップページ | 小ざさ(東京都武蔵野市) 最中 »

2010年8月10日 (火)

ミートショップ サトウ 吉祥寺店(東京都武蔵野市) メンチカツ

 吉祥寺駅北口には,いつも大行列ができているお店がある。
何のお店かと思っって調べてみたらお肉屋さんだそうで,行列の先は,こちらのお店のメンチカツだそうだ。

 お店に到着したのは,お昼の12時半ごろ。
お店の前には10人ほどの行列ができている。
行列は予想以上に短く,行列の最後尾に並ぼうとしたところで店員さんに呼び止められる。
店員さんによりと,行列はお店の前の通りを渡った先から続いているそうで,店員さんが指差した方向に目を向けると,さらに20人以上の大行列が続いていた。
思わず,

 「わぁ。」

と声を出してしまった。

 行列の「本当の最後尾」に並ぶ。

Imgp6241a

お店ははるか彼方。

 行列にしばらく並んでいると,店員さんが黄色いカードを手渡してくれる。

Imgp6245a

説明書きによると,揚げた後の余熱も計算して調理しているそうだ。
カードの裏側も見てみる。

Imgp6242a

5個以上買うとお値打ちらしい。
ヒマなのでどれくらい安くなるか計算してみる。
1個180円なので4個買うと・・・

 180円×4個 = 720円

5個買うと・・・

 140円×5個 = 700円

・・・4個買うよりも5個買った方が安い。

 25分ほど並んでようやく購入することができる。
無論,揚げたて。
揚げたてがいちばんうまいに決まっている。
ここから井の頭公園まで5分くらい。
到着したころにはちょうど食べごろになっているはずだ。

Imgp6247a

 井の頭公園のベンチで早速撮影開始。
メンチカツがベンチから転げ落ちたら大変。
細心の注意をはらう。

Imgp6250a

紙袋の中には,テニスボール大のメンチカツがごろごろ。
いいキツネ色。

 まだ温かいメンチカツを1つ取り出して火傷しないように注意してかじってみる。
サックリとした衣の中は牛ひき肉がぎっしり。
肉の臭みはなく,ほのかに香辛料の風味がする。

 ・・・

 夕食は残ったメンチカツ。

Imgp6292a

時間がたつと,どうしても衣はしっとりとしてしまう。

Imgp6294a

断面はこんな感じ。

 電子レンジで温めて,ケチャップを用意して実食開始。
ひき肉の濃厚な風味は時間がたっても衰えることはない。
時間がたったメンチカツは,どういうわけか,衣の風味が増している。
決め手はバターと卵だろうか?
こってりとしたメンチカツは,フルボディの赤ワインと相性がよさそうだ。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 ミートショップ サトウ 吉祥寺店

[住所]
 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8

[アクセス]
 JR吉祥寺駅から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2010/06

[参考HP]

[1] 食べログ
 http://r.tabelog.com/

 ミートショップ サトウ 吉祥寺店
 http://r.tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005807/

|

« 中華そば・つけめん 甲斐(東京都杉並区) 味玉中華そば | トップページ | 小ざさ(東京都武蔵野市) 最中 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/36112199

この記事へのトラックバック一覧です: ミートショップ サトウ 吉祥寺店(東京都武蔵野市) メンチカツ:

« 中華そば・つけめん 甲斐(東京都杉並区) 味玉中華そば | トップページ | 小ざさ(東京都武蔵野市) 最中 »