« もんじゃ 近どう 本店(東京都中央区) もちチーズ明太子もんじゃ | トップページ | 讃岐うどん いそや(東京都八王子市) カレーうどん(小) »

2010年7月 5日 (月)

麺屋 利休(東京都国分寺市) 特製利休塩らぁめん

 お店には開店時間を少し過ぎたころに到着。
お店の中に入ると先客は4人ほど。

 入り口の右側には券売機が設置されている。
券売機の左上のお店のおすすめのポジションには「特製利休"醤油"らぁめん」の大きなボタン。
しかし,今日の目当ては「特製利休"塩"らぁめん」。
少し迷ったが,予定通り「特製利休塩らぁめん」の食券を買い,店員さんに渡す。
食券を受け取った店員さんは,

 「麺の量は,"並盛","中盛","大盛"のどれにされますか?」

と聞く。
お店のHPによると,麺の量は"並盛"で150g,"中盛"で225g,"大盛"で300gで平均的な量。
麺の量を増やすと腹は膨れるだろうが,麺が丼の中で絡まりやすく印象が悪くなる恐れがある。
ここは風味を優先して"並盛"でお願いする。

Imgp6011a

 盛りつけは芸術的。
チャーシューは大きなものが2枚で上には「そば茶」がふりかけられている。
このため,券売機には

 「そばアレルギーの方は"そば茶抜き"で注文してください。」

と書かれた貼り紙が貼られていた。
味玉は黄身が絶妙の半熟加減のオレンジ色。
海苔は大ぶりなものが3枚。
白髪ネギには万能ネギがあしらわれて彩が豊か。
さらにワンタンが2個とメンマが入る。

 スープの表面を覆う油は,どことなく緑色がかっている。
お店のHPによると,「茶油」を使用しているそうで,緑色のモトはこれのようである。

 トッピングの僅かな隙間から麺を箸で引き出してすする。
麺は黄色い中細麺。
表面はつるりとしていて歯ごたえがいい。
麺の生地はなめらかでしっかりとしている。
一級の麺であることは間違いない。

 チャーシューは柔らかく,肉の味が引き立つほんのり塩味。
味玉はタレが浸みてうまい。
ワンタンは少しハーブの風味を感じたような気がしたが,鈍感な私の味覚ではアテにならない。

 スープは油のせいか意外とこってりタイプ。
茶油の風味についてはよく分からなかったが,食べ終わった後で少し口の中にお茶の風味がの残っているように感じた。
お茶の風味は,本物だったのか,それとも,単なる先入観だったのか?
私のバカ舌では,真相は分からない。

 私のお隣の「醤油らぁめん」の丼からは,煮干しやカツオ節のいい香りが漂ってくる。
次回は,お店のおすすめらしい「特製利休醤油らぁめん」にしようと思いながら,店員さんに

 「ごちそうさまでした。」

と一声かけて,お店を後にした。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺屋 利休

[住所]
 東京都国分寺市本町2-22-2

[アクセス]
 JR「国分寺駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2010/05

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 麺屋 利休
 http://ramendb.supleks.jp/shop/16792

[2] 麺屋 利休
 http://rikyu.mizubasyou.com/

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« もんじゃ 近どう 本店(東京都中央区) もちチーズ明太子もんじゃ | トップページ | 讃岐うどん いそや(東京都八王子市) カレーうどん(小) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/35649879

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 利休(東京都国分寺市) 特製利休塩らぁめん:

« もんじゃ 近どう 本店(東京都中央区) もちチーズ明太子もんじゃ | トップページ | 讃岐うどん いそや(東京都八王子市) カレーうどん(小) »