« 江戸路とうふ屋(東京都八王子市) 自家製豆腐どーなつ | トップページ | 黒船亭(東京都台東区) スペシャルハヤシライス »

2010年7月13日 (火)

BAKE SHOP 神戸屋 西八王子店(東京都八王子市) バタール(1/2),トゥニョール

 駅の周辺はパン屋が多い。
JR西八王子駅北口の階段を下りると,まず,目につくのはこちらのお店。
東京方面行きのホームに立つと,どこからともなくバターの香りが漂ってくるが,香りの元はこちらのお店のようだ。

 お店に入り,トレーとトングを手にパンを物色する。
パンを物色している間にも,店員さんが焼き立てのパンを次々と並べてゆく。
所狭しと並べられたパンを眺め,「バタール(1/2)」と「トゥニョール」を選ぶ。

 自宅に到着して,写真撮影に取りかかる。
袋から出したパンは,まだほんのりと温かい。

 まず,バタール(1/2)。

Imgp6041a

いわゆる,フランスパンである。
「1/2」だけに,小ぶりである。
1本まるごと買うと,食べきるまでに数日かかり,終盤には鮮度が落ちてしまう。
しかし,これならば風味が落ちないうちに食べきることができる。

 つぎはトゥニョール。

Imgp6043a

フランスパンのぶどうパンバージョンといった感じ。
表面にふりかけられた白い粉がお洒落。

 それぞれ半分ずつをカットしてお皿の上に並べてみる。

Imgp6045a

こうしてみると,何だか幸せな気分になる。
トゥニョールの断面を見てみると,レーズンのほかに胡桃が少し入っているのが分かる。

 まず,バタールをそのまま食べてみる。
生地には強烈な弾力があり,食いちぎるが大変。
味はといえば・・・
・・・やはり,無理せず何かつけたほうがよさそうだ。

 そこで,バターをつけて食べてみる。
バターつけると,バタール本来が持つバターの風味までもが引き立ち,いい感じ。

 次に,バタールをオーブントースターで焼いてみる。
焼いたバタールをかじってみると,食感が「生」のときから180°変化し,カリッとした食感になる。
個人的には,少し焼いてカリッとさせて,バターで食べるるのがベストではないかと思う

 続いて,トゥニョール。
生地はほどよくもっちりしている。
レーズンのほのかな甘みと胡桃の香ばしい風味がよく,そのまま食べても十分おいしい。

 試しにバターを少しつけてみたら,これがクリーンヒット。
レーズンバターというものがあるように,レーズンとバターは相性がいいようだ。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 BAKE SHOP 神戸屋 西八王子店

[住所]
 東京都八王子市千人町2-21-1

[アクセス]
 JR西八王子駅北口からすぐ

[訪問日]
 2010/06

[参考HP]
[1] いらっしゃいませ! 神戸屋です。
 http://www.kobeya.co.jp/

[2] フレッシュベーカリー神戸屋
 http://www.breads-studio.com/index.php/mode/fresh

-----------------------------------------

 バックナンバーはこちら
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/archives.html

|

« 江戸路とうふ屋(東京都八王子市) 自家製豆腐どーなつ | トップページ | 黒船亭(東京都台東区) スペシャルハヤシライス »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/35742922

この記事へのトラックバック一覧です: BAKE SHOP 神戸屋 西八王子店(東京都八王子市) バタール(1/2),トゥニョール:

« 江戸路とうふ屋(東京都八王子市) 自家製豆腐どーなつ | トップページ | 黒船亭(東京都台東区) スペシャルハヤシライス »