« めん徳二代目つじ田 お茶ノ水店(東京都千代田区) 特製二代目つけめん | トップページ | みつばち(東京都文京区) 小倉あんみつ »

2010年6月13日 (日)

レストラン 大坂屋(東京都台東区) カニコロッケランチ

Imgp5884a

 浅草のとある交差点から見えた建設中の東京スカイツリー。
2か月ほど前に訪れたときよりも少し成長している。

Imgp5886a

 この日は三社祭り。
雷門の提灯は,神輿が通れるようにするためなのか,たたまれていた。

Imgp5892a

 浅草寺の北側の路地にて。
普段は静かであろう住宅街を多くの神輿がねり歩く。
浅草の路地という路地が神輿と人の群れで埋め尽くされていた。

 昼食を取るべく,人通りが多い大通りに面したお店のドアを開けて中へ入る。
外の喧騒がウソのように,お店の中は静かでゆったりとした時間が流れている。
店員さんに案内されてテーブル席へ座って一息入れる。

 メニューを持ってきた店員さんは

 「伊勢エビコロッケは売切れですが,それ以外は大丈夫です。」

と告げる。
実は,今日の狙いはまさにこの「伊勢エビコロッケ」。
時刻はまだお昼の12時半を少し過ぎたころだというのに既に売り切れてしまっていたようだ。
不覚・・・。

 しょうがないので,別のメニューを選ぶべく,メニューを眺める。
ビーフシチューなども評判がいいようだが,頭の中は「コロッケ」でいっぱいだったので「カニコロッケランチ」を注文する。
ランチは「ライス」と「パン」のどちらかを選択できる。
気分で「パン」をチョイス。

Imgp5899a

 まず,最初はコーンポタージュ。
私事だが,コーンポタージュを食べるのは何年ぶりかである。

Imgp5902a

 つぎはパン。
丸いバターが珍しい。

Imgp5903a

 続いてサラダ。
今日は食べたり撮影したりで慌ただしい。

Imgp5905a

 そしてお待ちかねのカニコロッケ。
大きなお皿に盛られているので分かりにくいが,カニコロッケは大きく分厚い。
そして,はち切れんばかりにぱんぱんにふくれている。
色は文字通りキツネ色。

 ナイフを入れると,中は熱々のホワイトソースがたっぷり。
いわゆる,「カニ"クリーム"コロッケ」である。
衣は薄くサックリとしている。
口に含むとクリィミィなホワイトソースとカニの風味が口の中に広がる。
普段食べる冷凍物のカニクリームコロッケとは別物である。

Imgp5908a

 最後はコーヒー。
ミルクを投入した後に写真撮影を忘れていたことに気がついて慌てて撮影。
コーヒーは今まで味わったことがないほど「濃厚」で予想外に旨かった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 レストラン 大坂屋

[住所]
 東京都台東区浅草3-7-7

[アクセス]
 東京メトロ浅草駅,東武鉄道浅草駅から徒歩10分くらい

[訪問日]
 2010/05

[参考HP]
[1] 浅草料理飲食業組合HP
 http://asakusa-ryoin.jp/xoops/

 浅草 レストラン 大坂屋
 http://asakusa-ryoin.jp/osakaya/

[2] 食べログ
 http://r.tabelog.com/

 大坂屋
 http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003758/

|

« めん徳二代目つじ田 お茶ノ水店(東京都千代田区) 特製二代目つけめん | トップページ | みつばち(東京都文京区) 小倉あんみつ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/35242419

この記事へのトラックバック一覧です: レストラン 大坂屋(東京都台東区) カニコロッケランチ:

« めん徳二代目つじ田 お茶ノ水店(東京都千代田区) 特製二代目つけめん | トップページ | みつばち(東京都文京区) 小倉あんみつ »