« 麺処 遊(東京都台東区) 中華そば+スープ増し | トップページ | 盛極軒(東京都日野市) 盛郎 海老味噌つけ麺(麺200g,野菜マシ) »

2010年5月 9日 (日)

黒豆うどん(東京都西東京市) 黒豆うどん(中学生,もり,冷汁)

 お店に到着したのは,開店時間11時を少し過ぎた頃。
お店の中に入ると,お客さんはまだだれもおらず,どうやら私が一番乗り。
カウンター席に座って壁のメニューを眺めていると,店員さんがやってきてメニューの解説を始める。

 今日の目当ては「黒豆うどん」。
麺の量は,少ない方から「小学生(1人前)」「中学生(1.5人前)」「高校生(2人前)」「優等生(3人前)」と呼び方は少々風変わり。
「小学生」で1人前ということなので,「小学生」を注文する。
注文を受けた店員さんは,

 「"小学生"はお子さん向けの量なので少ないですよ。」

という。
「1人前」の定義は,お店によってまちまちである。
店員さんのアドバイスを受け入れて,「中学生」でお願いする。

 うどんは,「かけ」と「もり」を選ぶことができる。
麺のコシを味わうには「もり」の方がいいので「もり」でお願いする。

 つけ汁は「冷汁」と「温汁」のどちらかを選ぶことができる。
今回は「冷汁」でお願いする。

 店員さんは,黒豆ごはんや天ぷらがついたセットメニューをしきりに勧めてくれたが,ダブル炭水化物は気が進まない。
とはいえ,うどん単品ではさすがに物足りないような気もするので,「お真香」を追加で注文する。

 注文を受けた店員さんは,黒豆と昆布の佃煮を載せた小皿と黒豆の煮汁を持ってくる。
どうやらサービス品のようである。

 茹で時間は長い。
その代わり,茹で立てを食べることができる。

Imgp5562a

 麺は黒豆の煮汁を使っているのか灰色である。
太さはうどんとしてはどちらかといえば細い部類に入ると思うが,ラーメンならば「うどん級の極太麺」。
麺のエッジは鋭く,切り口には光沢があり,見るからにコシが強そうな麺である。

Imgp5564a

 お盆の左奥がお新香,その右隣が佃煮,さらにその右隣のグラスが黒豆の煮汁。

 つけ汁の薬味はネギ。
このほか,テーブルの上には,すり胡麻が入った壺が置いてある。

 まず,麺をつけ汁に浸してすする。
麺は氷水でさらしているのか,キンキンに冷えている。
表面はつるりとして口当たりが爽快。
麺を噛みしめると強烈なコシが感じられ,簡単には噛みきることができないほど。
いわゆる「アゴが痛くなる麺」で,麺をこれ以上太くしたら食べるのが大変になってしまいそうである。

 途中で店員さんが,急須のような陶器に「かま湯」を入れて持ってきてくれた。
つけ汁をかま湯で割って飲むと,カツオだしの風味を強く感じる。
うどんも旨かったが,シメのかま湯割りも印象的だった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 黒豆うどん

[住所]
 東京都西東京市西原町5-5-23

[アクセス]
 西武新宿線「田無駅」から徒歩25分くらい。

[訪問日]
 2010/03

[参考HP]

[1] もみーのうどんレポ
 http://www.udon-repo.net/index.php

 黒豆うどん
 http://www.udon-repo.net/udon_html/udon_t_316.html

|

« 麺処 遊(東京都台東区) 中華そば+スープ増し | トップページ | 盛極軒(東京都日野市) 盛郎 海老味噌つけ麺(麺200g,野菜マシ) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/34596673

この記事へのトラックバック一覧です: 黒豆うどん(東京都西東京市) 黒豆うどん(中学生,もり,冷汁):

« 麺処 遊(東京都台東区) 中華そば+スープ増し | トップページ | 盛極軒(東京都日野市) 盛郎 海老味噌つけ麺(麺200g,野菜マシ) »