« つけ麺 金太(東京都福生市) 辛つけ麺(味玉チャーシュー) | トップページ | かつら屋 八王子店(東京都八王子市) 肉ねぎもりうどん »

2010年5月23日 (日)

麺屋 龍神(東京都新宿区) あら炊き塩らーめん(全部のせ)

Imgp5792a

 お店はJR新宿駅の南口改札を出てすぐにある。
お店はビルの2階にあるようで,どうやら幅の狭い階段が入り口らしい。
突入するには少々勇気がいる。

 階段を登ってお店の入り口にたどりつくと,階段の狭さとは裏腹にお店は意外と広い。
時刻は夜の7時少し前。
繁華街のど真ん中で,しかも夕食どきだが,お客さんの入りは半分ほど。
空いているカウンター席に座ってメニューを眺めてから,店員さんに看板メニューの「あら炊き塩らーめん」を注文。
トッピングは,考えるのがめんどくさかったので「全部のせ」にする。

 壁には「今日のアラ」と書かれた大きな紙が貼られ,その脇には「鯛」や「ぶり」などの魚の名前が書かれた紙が4枚ほど貼られている。
「アラ」は日替わりのようである。
ただ,残念ながら,魚の違いが分かるほど繊細な舌を持ち合わせていない。

Imgp5794a

 透き通った黄金のスープの上には,野菜とワカメがたっぷり。
全部のせだけに具だくさんである。
トッピングは,水菜,白髪ネギ,ワカメ,つみれ,それから別皿に味玉。
つみれは,エビと鶏の2種類で,全部のせの場合は通常1個ずつのところを2個ずつに増量される。
さらに,白髪ネギの上には,細切りの生姜,青しそ,ミョウガ,糸唐辛子が添えられる。

 さて,レンゲを手に取りスープを掬おうとするが,トッピング類が邪魔である。
そこで,まず,水菜とワカメを食べる。
まるでラーメンの前のサラダのよう。
ワカメは肉厚でうまかった。

 続いてスープ。
見た目どおりあっさりとしていて,臭みはなく上品に仕上がっている。
塩加減は控えめで,お吸い物のように後味はすっきりとしている。

 麺はあっさりとしたスープにマッチした細麺。
茹で加減は硬めである。

 つみれはエビや鶏のうまみがぎゅっと詰まっている。
鶏のつみれはバターの風味を少し感じたような気がしたが真相はよく分からない。
あっさりとしたスープには,つみれはよくあう。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺屋 龍神

[住所]
 東京都新宿区新宿3-35-7 さんらくビル2F

[アクセス]
 JR「新宿駅」南口から徒歩3分くらい

[訪問日]
 2010/04

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 麺屋 龍神
 http://ramendb.supleks.jp/shop/12529

|

« つけ麺 金太(東京都福生市) 辛つけ麺(味玉チャーシュー) | トップページ | かつら屋 八王子店(東京都八王子市) 肉ねぎもりうどん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/34841538

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 龍神(東京都新宿区) あら炊き塩らーめん(全部のせ):

« つけ麺 金太(東京都福生市) 辛つけ麺(味玉チャーシュー) | トップページ | かつら屋 八王子店(東京都八王子市) 肉ねぎもりうどん »