« ラーメン太郎(東京都福生市) 肉ラーメン | トップページ | 武蔵野うどん たまや(東京都八王子市) ファンモンうどん »

2010年4月18日 (日)

スープカリー 奥芝商店 八王子田代城(東京都八王子市) 海老スープ ぷりぷり海老

 お店の前には夜の9時少し前に到着。
お店の入り口の前には,すのこが置いてあり,その上にはスリッパがいくつか置いてある。
どうやら,お店は「土禁」のよう。
お店の前でもたもたしていると,店員さんがお店のドアを開けて中に招き入れてくれた。

 遅い時間のせいか,先客はひとりだけ。
カウンター席に座ってメニューを眺める。
メニューは少々複雑。

 まず,スープを選ぶ。
スープは「チキンスープ」と「海老スープ」の2種類。
「チキンスープ」は終了してしまったそうなので,選択肢は「海老スープ」しかない。

 次にメインの具を選ぶ。
海老スープなので「ぷりぷり海老」を選ぶ。

 続いてトッピング。
100円トッピングは1品無料だそうなので,この中から「ブロッコリー」を選択する。

 続いて辛さを選ぶ。
辛さは「睦月」から「師走」まで12段階ある。
初訪問なので辛さの加減がよく分からないので,追加料金なしで最も辛い5段階目の「皐月」を選ぶ。

 最後はライスの量を選ぶ。
量は「普通」(200g)を選択。
ちなみに,ライス200gはお茶碗1杯分である。

 注文は最初複雑に感じたが,要は,「ココイチ」と同じ要領である。

 お店の内装は昭和レトロ調。
壁には古い映画のポスターが貼られ,お座敷席のテーブルは「ちゃぶ台」である。

Imgp5478a

 スープは赤茶色。
具は,海老,揚げカボチャ,揚げ茄子,ゆで玉子,水菜,キャベツ,しめじ,ピーマン,ブロッコリー,唐辛子。

Imgp5481a

 ライスにはレモンが添えられる。
店員さんによると,ライスにレモンを搾るとさっぱりするそうなので,そのとおりにしてみる。

 さて,スープカリーなるものを食すのはこれが初めて。
いったい,どうやって食べるのが正解なのだろうか?
食べ方はよく分からないが,とりあえず,スプーンでスープを掬ってティスティングしてみる。

 スープカリーだけにスープはさらりとしている。
香辛料の風味はキレがある。
辛さは半端ではなく,ココイチの5辛に匹敵する。
これでも辛さレベルは12段階の5。
辛さMAX,レベル12の「師走」の辛さが予測できない。
ひょっととたら,蒙古タンメン中本の「北極ラーメン」や魔女のカレーの「炙りチャーシューカレーチーズラーメン」を超えるかもしれない。

 蒙古タンメン中本の北極ラーメンはこちらを参照。

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の超レプリカ
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-ee26.html

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の夏(北極玉子),ほか2杯
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_b1e0.html

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の夏
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_a58e.html

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店 北極の春
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_883c.html

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店 北極の冬
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_9b3f.html

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店 北極ラーメンジャンボ
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_1edd.html

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店 北極の秋
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_4b89.html

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店 北極の夏
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_461d.html

 魔女のカレーの炙りチャーシューカレーチーズラーメンはこちらを参照。

 魔女のカレー(東京都調布市) 炙りチャーシューカレーチーズラーメン(爆辛)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-b088.html

 魔女のカレー 炙りチャーシューカレーチーズラーメン(爆辛)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_9f9e.html

 さて,スープカリーの食べ方という課題に戻る。
茶碗に盛られたライスをスープの丼にすべて投入するのは,私の美的感覚にはそぐわない。
そこで,スプーンにライスを盛って,これをスープに浸しながら食べることにする。
スープは熱い。
火傷しないように注意しながら食べ進む。

 トッピングで旨かったのは海老である。
「ぷりぷり海老」の名のとおり,本当にぷりぷりだった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 スープカリー 奥芝商店 八王子田代城

[住所]
 東京都八王子市子安町4-5-5

[アクセス]
 JR「八王子駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2010/02

[参考HP]

[1] 食べログ
 http://r.tabelog.com/

 スープカリー専門店 奥芝商店 八王子田代城
 http://r.tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13048177/

|

« ラーメン太郎(東京都福生市) 肉ラーメン | トップページ | 武蔵野うどん たまや(東京都八王子市) ファンモンうどん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/34274097

この記事へのトラックバック一覧です: スープカリー 奥芝商店 八王子田代城(東京都八王子市) 海老スープ ぷりぷり海老:

« ラーメン太郎(東京都福生市) 肉ラーメン | トップページ | 武蔵野うどん たまや(東京都八王子市) ファンモンうどん »