« 中国名菜 景徳鎮(神奈川県横浜市中区) 四川マーボー豆腐と海鮮焼きそば | トップページ | ぶっかけうどん さくら(東京都日野市) 肉うどん(2玉) »

2010年3月17日 (水)

味噌麺処 花道(東京都中野区) 味玉辛味噌ラーメン+生にんにく+野菜大盛

 お店に到着したのはお昼の1時少し前。
人気店と聞いていたので,20人オーバーの大行列を予想していたが,意外にも行列は2人だけ。
少々拍子抜けする。
お店の前には木製のベンチが並んでいて,そこに座って順番を待つ。

 ベンチのすぐ後ろでは,ガラス越しにご主人(?)が中華鍋で野菜を炒めているのが見える。
お店のHPによると,サッポロラーメンのように,スープをラードやニンニクといっしょに中華鍋で煮込んでいるそうだ。

 しばらくすると,お店の中から食事を終えたお客さんが出てゆき,続いて店員さんが外で待っている我々をお店の中へ招き入れる。
お店の入り口の脇には券売機があり,その隣の壁にはメニューの写真が貼ってある。
スープは「味噌」「辛味噌」「番長(激辛)」の3種類があり,それぞれ,「ラーメン」と「つけめん」がある。
スープに少しパンチがほしかったので,「味玉辛味噌ラーメン」の食券を買って店員さんに渡す。

 食券を受け取った店員さんは,

 「野菜大盛と生にんにく無料ですがどうされますか?」

と聞く。
野菜を増やすとスープが水っぽくなりそうでなのでどうしようかと思ったが,貧乏性なのでお願いすることにした。

Imgp5482a

 スープは白味噌仕立てで表面には赤いラー油が浮いている。
トッピングは,チャーシュー,メンマ,モヤシ,ニラ,味玉。
生ニンニクは別皿に添えられる。

 まずはスープをレンゲですくってティスティング。
スープはとろりとした濃厚タイプでラー油の香ばしい風味が好印象。
野菜がシャキッとしていて,かつ,スープが濃厚なので,野菜でスープが水っぽくなることは全くなかった。
お店のメニューの説明書きには「ピリ辛」と書いてあったが,激辛党の私でも辛いと感じるほどで予想外に辛かった。
濃厚なスープの本来の風味を味わいたいのならば,普通の「味噌ラーメン」の方がよかったかもしれない。

 続いて麺に行きたいところだが,麺を引き出すスペースを確保するためにモヤシを食べる。
モヤシは半生状態に炒められていてシャキシャキとしている。
ちょっと珍しい調理法である。

 モヤシを食べて空いたスペースから麺を引き出す。
麺は黄色い太麺。
表面はぬるりとしていて柔らかいが,中心にかけて次第に堅くなっていて,総合的には茹で加減は堅めの部類だろう。
麺の表面のぬめりと濃厚なスープとの相乗作用によってますます濃厚感が増す。

 味玉の黄身はオレンジ色の半熟状態。
チャーシューは柔らかくタレがたっぷり浸みている。
トッピング類は全くのノーマークだったが予想外にうまかった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 味噌麺処 花道

[住所]
 東京都中野区野方6-23-12

[アクセス]
 西武新宿線「野方駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2010/02

[参考]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 味噌麺処 花道
 http://ramendb.supleks.jp/shop/16643

[2] 味噌麺処 花道
 http://www.cc-lab.jp/hanamichi/

|

« 中国名菜 景徳鎮(神奈川県横浜市中区) 四川マーボー豆腐と海鮮焼きそば | トップページ | ぶっかけうどん さくら(東京都日野市) 肉うどん(2玉) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/33819593

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌麺処 花道(東京都中野区) 味玉辛味噌ラーメン+生にんにく+野菜大盛:

« 中国名菜 景徳鎮(神奈川県横浜市中区) 四川マーボー豆腐と海鮮焼きそば | トップページ | ぶっかけうどん さくら(東京都日野市) 肉うどん(2玉) »