« 麺堂 GENTEN(千葉県松戸市) 全部のせらぁ麺 | トップページ | 丸信中華そば(東京都国立市) チャーシューワンタン麺 »

2010年3月31日 (水)

いつ樹(東京都羽村市) 肉玉鯛塩らーめん

 お店に到着したのはお昼の1時半ごろ。
お店の前には6人の行列ができている。

 しばらく行列し,お店の入り口の券売機へたどりつく。
前回食べたつけ麺も捨てがたいが,今回は「鯛塩らーめん」を食べることにする。
券売機で「肉玉鯛塩らーめん」の食券を買って店員さんに渡す。

 厨房の中では,ご主人が麺を茹でる準備をしている。
調理台の上に置いた麺の上に両手を載せ,全体重をかけて麺を押し潰しはじめる。
麺をほぐすための作業なのだろうか?
麺がぐちゃぐちゃになってしまわないかと心配したが,麺はちゃんと原型をとどめていた。
コシの強さは半端でない。

Imgp5555a

 丼の上には一口サイズの厚めのチャーシューがずらり。
このほかのトッピングは,味玉,メンマ,青ネギ,刻みタマネギ,海苔。
メンマは三角形にカットされている珍しいタイプ。

 「鯛塩らーめん」という上品そうなネーミングから,黄金色の透き通ったスープを連想していた。
しかし,出てきたのは,茶色く濁った油たっぷりのこってり系スープ。

 まずは,スープをレンゲですくって一口すする。
塩味は強く,風味は個性的。
だが,知っている味である。
何の味だろうかと思案を巡らせる。

・・・「焼き魚味」である。
お店の外に置いてあった蘊蓄書きによると,スープは焼いた鯛と鶏ガラから作っているそうだ。

 続いてスープの中から麺を引き出す。
麺は縮れのある太い平打ち麺。
ご主人が全体重をかけて潰そうとしてもびくともしないタフな麺だけに凄まじいばかりのコシがある。
太麺だけに濃い味付けのスープと組み合わせることで全体の均衡が保たれている。

 チャーシューは柔らかいが弾力があるタイプ。
噛むたびに肉のうまみがにじみ出る。

 これまでの記事はこちら。

 いつ樹(東京都羽村市) 限定海老味噌つけ麺(味玉,肉)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-22a1.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 いつ樹

[住所]
 東京都羽村市五ノ神4-7-3

[アクセス]
 JR青梅線「羽村駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2010/03

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 いつ樹
 http://ramendb.supleks.jp/shop/11228

|

« 麺堂 GENTEN(千葉県松戸市) 全部のせらぁ麺 | トップページ | 丸信中華そば(東京都国立市) チャーシューワンタン麺 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/34022201

この記事へのトラックバック一覧です: いつ樹(東京都羽村市) 肉玉鯛塩らーめん:

« 麺堂 GENTEN(千葉県松戸市) 全部のせらぁ麺 | トップページ | 丸信中華そば(東京都国立市) チャーシューワンタン麺 »