« サンガム 豊田店(東京都日野市) Aランチ(チキンマサラ) | トップページ | 中華そば 麦家(千葉県成田市) 中華そば(普通盛,濃厚魚介のスープ) »

2010年3月 5日 (金)

煮干鰮らーめん圓(東京都八王子市) 昔ながらのらーめん

 お店には夜7時ごろ到着。
お店の青い看板は,夜の闇の中に妖しく光っている。

 お店の中に入ると,カウンター席にはいくつか空席がある。
いつもの昼間の行列がウソのよう。
夜の営業は大穴のようだ。

 入り口の券売機と向きあう。
基本メニューは「煮干らーめん」と「昔ながらのらーめん」だけで,味玉やチャーシューなどの追加のトッピング類はない。
前回は「煮干らーめん」を食べたので,今回は「昔ながらのらーめん」を食べることにする。

 食券をカウンターの上に置いてから,席に座ってご主人仕事を観察する。
麺は大きな釜で茹でられる。
1つの釜で茹でられる麺は1食分だけであり,恐ろしく贅沢な茹で方である。
この大きな釜は2つあるが,一度に茹でることができる麺はわずか2食分。
お客さんが多いときでもこのような手間がかかる茹で方をしているのかどうかは分からないが,とにかく今日は極上の麺を食べることができる。

Imgp5424a

 スープは透き通ったコハク色。
表面の油はほとんどない。
スープの色は「煮干らーめん」と比べて若干濃いようだ。

 トッピングは,味玉,メンマ,チャーシュー,ネギ。
トッピングは,「煮干らーめん」と同じようだ。

 麺は白い中太麺。
平打ち麺とまではいかないが,断面は少し平べったい。
麺のところどころには茶色い斑点があり,麺生地は荒挽きタイプのようである。
麺は前回から変更が加えられたようだ。

 まずはスープをレンゲですくって口に含む。
スープは煮干のダシがきいたすっきりとした辛口タイプ。
後味に残る煮干のほのかな苦みと醤油の香味がいい。
煮干らーめんと比べると煮干の苦みを控えているようで,多くの人がおいしく食べられるように設計してある。
塩加減はちょうどよく,スープは難なく飲み干すことができる。

 麺は見た目どおりの荒挽きタイプ。
印象はワイルドである。
表面は少しざらりとしていて食感はどことなく日本蕎麦に似ている。

 チャーシューは香ばしい風味が絶品。
チャーシュー増しができないのが残念。

 これまでの記事はこちら

 煮干鰮らーめん圓(東京都八王子市) 煮干らーめん
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-9acf.html

 煮干鰮らーめん圓(東京都八王子市) 豚骨煮干らーめん
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-373a.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 煮干鰮らーめん圓

[住所]
 東京都八王子市横山町21-21

[アクセス]
 JR「八王子駅」から徒歩10分くらい

[訪問日]
 2010/02

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 煮干鰮らーめん圓
 http://ramendb.supleks.jp/shop/20284

|

« サンガム 豊田店(東京都日野市) Aランチ(チキンマサラ) | トップページ | 中華そば 麦家(千葉県成田市) 中華そば(普通盛,濃厚魚介のスープ) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/33636771

この記事へのトラックバック一覧です: 煮干鰮らーめん圓(東京都八王子市) 昔ながらのらーめん:

« サンガム 豊田店(東京都日野市) Aランチ(チキンマサラ) | トップページ | 中華そば 麦家(千葉県成田市) 中華そば(普通盛,濃厚魚介のスープ) »