« 麺屋 湯や軒(神奈川県川崎市中原区) 三豚ちゃーしゅう麺(平打ち麺)+半熟味付け玉子 | トップページ | らぁめん ほりうち(東京都新宿区) チャーシューらーめん »

2010年2月 7日 (日)

つけめん 玉(神奈川県川崎市川崎区) 特製つけめん

 お店にはお昼の12時ごろ到着。
行列はたいしたことないだろうとタカをくくっていたが,10人以上行列している。
この分だと30分ほどの行列は必至。
救いは,風がなく陽射しが暖かいこと。

 しばらく行列に並び,ふとお店の壁に目をやると,

 「先の食券を買ってから並んでください。」

と書かれた貼り紙がある。
食券はまだ買っていない。
一旦,行列を離れてお店の中に入り,券売機で「特製つけめん」の食券を買って,再び行列に戻る。

 行列に戻った直後,お店の中から店員さんが食券を回収にやってくる。
店員さんとお客さんとのやりとりを眺めていると,食券を買わずに並んでいるお客さんは私だけではないようだった。

 食券を店員さんに渡すと,

 「並盛りと中盛りのどちらにしますか?」

と聞かれる。
麺の量は,並盛り200g,中盛り300g。
「中盛り無料」の誘惑に打ち勝ち,並盛りでお願いする。

 行列開始から約30分に店内に案内される。
テーブルの前にはお冷を入れるためのコップが置かれていて,カウンターの上には銀色のポットが置いてある。
お冷をコップに注ごうとポットを手に取ってみると,ポットは生温かい。
どうもくスープ割り用のスープっぽい。
それではと,お店の中を見まわして給水機を探してみるが,給水機は見つからない。
ふと,テーブルに置かれたメニューのボードに目をやると

 「スープ割りはお申し付けください。」

云々と書いてある。
ということは,ポットの中身はスープではなくお冷。
再びポットを手に取ってコップに注ぐと,コップは無色透明な液体で満たされた。
ポットが生温かかったのは,麺を茹でる湯気のせいだろう。

 店員さんたちは,「玉」の文字がプリントされた黒いTシャツを着ている。
「玉」の文字は,タマネギのような輪郭で囲まれている。
さらに,テーブルの上には「刻みタマネギ」が置いてある。
お店の名前の「玉」は「玉葱」から取ったのだろうかと思ったが,「玉」は「たま」ではなく「ぎょく」と読む。

Imgp5326a

 麺は極太の縮れた平打ち麺。
「うどんのような極太麺」ならぬ「きしめん級の極太平打ち麺」。

Imgp5328a

 つけ汁は褐色に濁った豚骨魚介。
色は他店よりも少し白っぽい。
つけ汁の中には,味玉,チャーシュー,メンマ,海苔,ネギ。

 まず,つけ汁をレンゲですくってティスティング。
つけ汁は,見た目どおり粘度が高くドロリとした濃厚タイプ。
煮干のクセが若干感じられるが,この程度のクセがあったほうがパンチがあっていい。
甘さや酸味は控えめ。
粘度の高さはトップクラスだが,塩加減は比較的薄味という珍しいタイプ。

 つけ汁の温度は低め。
濃度を極限まで高めたつけ汁なので,温めすぎると焦げ付いてしまうからなのかもしれない。

 続いて麺をつけ汁に浸して食べる。
麺は生地がしっかりとしていてモッチリとした食感が心地よい。

 つけ汁の粘度が高く,しかも平打ち麺なので,つけ汁の絡みはいい。
このため,太麺を塩分控えめのつけ汁で食べてもバランスがよく,塩分を控えた分だけ,つけ汁や麺の風味を強く感じられる。

 中盤で「刻みタマネギ」をスプーン1杯投入。
刻みタマネギの香味と辛味によって風味がキリりと引き締まり,つけ汁にキレが出る。

 つけ汁と麺との絡みが凄まじく,麺を食べ終わったころには,残っているつけ汁は僅か。
中盛りを注文していたら,つけ汁は残っていなかっただろう。

 つけ汁の丼をカウンターの上に上げて店員さんにスープ割りをお願いする。
スープで割ったつけ汁は,どういうわけか割る前よりも甘みが増していた。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 つけめん 玉

[住所]
 神奈川県川崎市川崎区追分町6-12

[アクセス]
 JR「川崎駅」から徒歩40分くらい
 JR「浜川崎駅」から徒歩20分くらい

[訪問日]
 2010/01

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 つけめん 玉
 http://ramendb.supleks.jp/shop/16101

|

« 麺屋 湯や軒(神奈川県川崎市中原区) 三豚ちゃーしゅう麺(平打ち麺)+半熟味付け玉子 | トップページ | らぁめん ほりうち(東京都新宿区) チャーシューらーめん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです(__)
川崎まて行かれるのでしたら 登戸にある“蓮彌 登戸”が超ジャンクでオススメです。
太麺好きには堪らないけど チョット店内が…フケツ…潔癖症で無けれはドーゾ

投稿: め二郎信者 | 2010年2月10日 (水) 05時37分

め二郎信者さんへ。
コメントありがとうございます。
「蓮彌 登戸」について少しだけ調べてみましたが,なかなかクセが強そうなお店ですね。
面白そうなので,そのうち行ってみたいと思います。

投稿: コモドドラゴン(このブログを書いている人) | 2010年2月10日 (水) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/33289237

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん 玉(神奈川県川崎市川崎区) 特製つけめん:

« 麺屋 湯や軒(神奈川県川崎市中原区) 三豚ちゃーしゅう麺(平打ち麺)+半熟味付け玉子 | トップページ | らぁめん ほりうち(東京都新宿区) チャーシューらーめん »