« 麺匠 ヒムロク(東京都西東京市) つけそば+味玉+チャーシュー1枚 | トップページ | サンガム 豊田店(東京都日野市) Aランチ(チキンマサラ) »

2010年2月28日 (日)

大ふく屋 八王子店(東京都八王子市) 重厚つけそば全特盛り(並盛)

 お店にはお昼の1時半ごろ到着。
お店の外の壁に沿ってずらりと並べられた行列用の椅子には5,6人ほどが座って順番を待っている。
しばらく待って,お店の入り口脇の券売機にたどりつく。
前回は中華そばを食べたので今日はつけ麺にする。
券売機で「重厚つけそば全特盛り」食券を買って店員さんに渡す。
食券を受け取った店員さんは

 「大盛り無料ですけれどどうされますか?」

と聞く。
つけそばの量は並盛り220g,大盛り300g。
大盛り無料の誘惑に打ち勝ち「並盛り」でお願いする。

 カウンター席に座って蘊蓄書きを眺める。
蘊蓄書きによると,つけそばは極太麺を使っているので茹で時間は10分かかるそうだ。

Imgp5135a

 麺は蘊蓄書きのとおりの極太麺。
極太麺であるが縮れがしっかりとついている。
また,麺のエッジは鋭く,麺の表面にはえもいえぬ光沢がある。
見た目からだけでも強烈なコシがあることはが分かる。
麺の丼には,味玉と海苔が添えられる。

Imgp5137a

 つけ汁は灰色がかった濃厚,もとい,重厚なタイプ。
そのビジュアルからもとろみを感じられる。
つけ汁の中には,ネギ,チャーシュー,メンマが入っている。
ネギは白い部位と青い部位の2種類を使用している。

 麺は堅めの茹で加減。
アルデンテではなく麺の表面から中心までが均質に堅く茹であがっている。
変な例えだが,「のし餅」を麺にしたような食感である。
強烈なコシと歯ごたえは「讃岐うどん」や「武蔵野うどん」にも匹敵する。

 つけ汁は見た目からは煮干が強いタイプかと思ったが,どちらかというと節系の風味の方が際立っている。
また,胡椒や唐辛子が加えられていて辛味が強めに設計されている。
砂糖の甘みは感じられず酸味は控えめ。
豚骨の臭みもない。

 これまでの記事はこちら。

 大ふく屋 八王子店(東京都八王子市) 重厚中華そば全特盛り(大盛り)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-6bb0.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 大ふく屋 八王子店

[住所]
 東京都八王子市旭町1-1 八王子駅ビル ナウ9階

[アクセス]
 JR中央線「八王子駅」

[訪問日]
 2009/12

[参考]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 野菜と豚骨と魚介 大ふく屋 八王子店
 http://ramendb.supleks.jp/shop/24227

[2] 重厚煮干中華そば 大ふく屋
 http://www.daifukuya-group.co.jp/index.html

|

« 麺匠 ヒムロク(東京都西東京市) つけそば+味玉+チャーシュー1枚 | トップページ | サンガム 豊田店(東京都日野市) Aランチ(チキンマサラ) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/33575455

この記事へのトラックバック一覧です: 大ふく屋 八王子店(東京都八王子市) 重厚つけそば全特盛り(並盛):

« 麺匠 ヒムロク(東京都西東京市) つけそば+味玉+チャーシュー1枚 | トップページ | サンガム 豊田店(東京都日野市) Aランチ(チキンマサラ) »