« 金華あなごや(東京都八王子市) 金華あなご重 | トップページ | 民芸茶屋 大黒屋(山梨県甲府市) ほうとう »

2010年1月26日 (火)

麺恋処 いそじ(東京都渋谷区) ○得つけめん

 今日の目的のお店は代々木駅近くの静かな通りにある。
お店がある辺りに到着するが,お店はなかなか見つからない。
ふと一瞬,魚介系のダシの香りを感じたような気がしたが,進む先にそれらしいお店はない。
さらに先へ進むと,丁字路に突き当たってしまい,ここで引き返す。
先ほどダシの香りを感じた地点まで引き返すと目的のお店を発見。
いったいどこに目をつけているのだか。

 有名店なので普段なら大行列なのだろうが,平日の夕方4時半ということもあって店内には空席がいくつもある。
券売機は入口を入って右手側にある。
事前に調べた情報によると,「つけめん」の評判がいいようなので「○得つけめん(普通盛り)」の食券を買って,カウンター席に座る。
食券を受け取った店員さんは

 「普通盛りでいいですか?」

と聞く。
麺の量は

 普通盛り:210g,中盛り:315g,大盛り:420g

で,中盛りは無料だそうである。

 茹で時間は長い。
茹であがりを待つ間,店内を物色する。

 お店の奥には製麺機と大きな小麦粉の袋が置いてあり,自家製麺のようである。
テーブルの上にはポットが置いてある。
このポットの中味は「水」なのか,それとも,「スープ」なのか?
ポットを手に取って,少し揺らしてみたらガラガラと音がし,中には氷が入っているようで,どうやら「水」のようだ。

 ご主人は,つけ汁を仕上げる途中で

 「ゆずを入れてもいいですか?」

と聞く。

 「だいじょうぶです。」

と答える。

Imgp5203a

 麺は黄色い太麺。
縮れはほとんどなく,表面はしっとりとしている。

 トッピングは,麺の丼に盛られる。
構成は,チャーシュー,味玉,ナルト,メンマ,海苔。

Imgp5206a

 つけ汁は茶色く濁った今風のタイプ。
表面には刻みネギが散らされ,唐辛子の赤い粒子が浮いている。

 まず,つけ汁をレンゲで掬ってティスティング。
つけ汁は意外にもさらりとしていて魚介系のダシが強い。
砂糖の甘さはほとんどなく,酸味も控えめ。

 続いて麺をつけ汁に浸して食べてみる。
麺はつるりとした口当たりがいい。
コシは強く,表面から中心まで均質にもっちりと茹であがっている。
骨太で強靭な麺である。

 つけ汁は塩分控えめでさらりとしていて,しかも,麺の表面の摩擦係数は低い。
つけ汁の絡みはいいとはいえず,しかも太麺である。
ときおりつけ汁をレンゲですすりながら塩分を補給しながら麺を食べる。

 さて,シメのスープ割りであるが,塩分控えめのつけ汁である。
割るべきか,割らざるべきか?
ものは試しに割ってみることにし,店員さんの手が空いたタイミングを見計らってスープ割りをお願いする。

 スープで割ったにもかかわらず,つけ汁の塩分濃度はほとんど変わっていなかった。
カウンターの陰になって詳しいことはよく分からなかったが,店員さんは,つけ汁にスープを注いだ後,いろいろと仕事をしていたようだった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺恋処 いそじ

[住所]
 東京都渋谷区代々木1-14-5

[アクセス]
 JR「代々木駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2010/01

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 麺恋処 いそじ
 http://ramendb.supleks.jp/shop/10883

|

« 金華あなごや(東京都八王子市) 金華あなご重 | トップページ | 民芸茶屋 大黒屋(山梨県甲府市) ほうとう »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/33137641

この記事へのトラックバック一覧です: 麺恋処 いそじ(東京都渋谷区) ○得つけめん:

« 金華あなごや(東京都八王子市) 金華あなご重 | トップページ | 民芸茶屋 大黒屋(山梨県甲府市) ほうとう »