« ほうとう不動 河口湖駅前店(山梨県南都留郡富士河口湖町) ほうとう | トップページ | 麺恋処 いそじ(東京都渋谷区) ○得つけめん »

2010年1月26日 (火)

金華あなごや(東京都八王子市) 金華あなご重

Imgp5152a

 「金華あなごや」と書かれた大きな暖簾。
これから入るお店は,あなご専門店という珍しいお店。

 暖簾をくぐってお店に突入するが,大きなガラス製の扉に気がつかず,あやうくぶつかりそうになる。
お店は奥に向かって「あなご」のように細長くカウンター席が設けられ,テーブルの上にはお盆と割り箸がずらりと置かれている。
空いている席に座り,お茶を運んできた銀髪のご主人に「金華あなご重」を注文。

 注文を受けたご主人は

 「あなごを蒸すのに8分ほどかかりますけれどいいですか?」

と訊く。
出来立てを食べることができる訳で,これは期待大。

 しばらくすると,ご主人は,あなごのダシ汁が入ったポットと茶碗を運んでくる。

Imgp5148a

ご主人は,

 「出来上がるまで飲んでいてください。ダシ汁はお茶漬けにも使ってください。」

と説明する。
すすめられるまま,ダシ汁をおちょこに注いで飲んでみる。
味覚音痴の私には難しいことはよく分からないが,ダシ汁は昆布ダシがきいていて,ほのかに梅の風味を感じた。
食欲をそそる風味であり,これはお茶漬けに使ったら,かなりうまいに違いない。
立て続けにおちょこに2杯飲んだが,お茶漬けのために3杯目は我慢する。

Imgp5151a

 「あなご」と言われなければ,見かけは「うな重」そのもの。
あなごは焼きたてで熱々である。
表面はカリッと焼かれていて,中はふっくらと蒸されている。
作りかたは関東風の鰻の蒲焼とほぼ同じようである。
タレは甘さ控えめで醤油が香ばしい辛口。
鰻よりも脂が少なく,あっさりとしている。

 お茶碗1杯分のご飯とあなご1欠片を残し,これらを茶碗へよそおって,そこへダシ汁を注ぐ。
「ひつまぶし」と同じ要領である。
ダシ汁をかけたお茶漬けは予想通り絶品。
後味がさっぱりとして,シメにふさわしい。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 金華あなごや

[住所]
 東京都八王子市追分町9-11

[アクセス]
 JR「西八王子駅」から徒歩10分くらい

[定休日]
 第3月曜日

[営業時間]
 11:00~22:00

 ※平日の15:00~16:30は中休み

[訪問日]
 2009/12

|

« ほうとう不動 河口湖駅前店(山梨県南都留郡富士河口湖町) ほうとう | トップページ | 麺恋処 いそじ(東京都渋谷区) ○得つけめん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ブログを読んで、アナゴ屋とは珍しいと思い行ってみました。
店内は狭く御世辞にもきれいとは言い難い雰囲気。
長年の味が染みついたお店かと思いきや、たったの創業六年。
なにより残念だったのが、アナゴ重の中に髪の毛が入っていたこと(泣)。
店主は気まずそうにするだけで変えてくれもせず、御代もしっかり正規と同じでした。
残念すぎたので、ちょっと愚痴。

投稿: 行ってみましたが・・・。 | 2011年2月18日 (金) 18時57分

「行ってみましたが・・・。」さんへ。
コメントありがとうございました。
私は結構気に入っているお店なんですけれど・・・。

投稿: コモドドラゴン(このブログを書いている人) | 2011年2月18日 (金) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/33126806

この記事へのトラックバック一覧です: 金華あなごや(東京都八王子市) 金華あなご重:

« ほうとう不動 河口湖駅前店(山梨県南都留郡富士河口湖町) ほうとう | トップページ | 麺恋処 いそじ(東京都渋谷区) ○得つけめん »