« 麺屋 英(埼玉県ふじみ野市) 特製つけ麺 | トップページ | ○麺堂(東京都練馬区) 煮干番長 »

2010年1月11日 (月)

高橋家(東京都八王子市) とろろそば

Imgp5160a

 高尾山金毘羅台。
夜明け前の街は少しずつ動き始めている。

Imgp5161a

朝もやの向こうには新宿副都心の高層ビル群が見える。

寒さに耐えながら日の出を待つ。

Imgp5167a

東京湾の向こうから太陽が顔を出す。
濃いオレンジ色の太陽は,「半熟状態の味付煮玉子の黄身」を思い起こさせる。

 オレンジ色に染まった登山道を歩いて高尾山を目指す。

Imgp5179a

薬王院に到着。
早朝だけに人はまばらで,静かに参拝することができた。

 城山まで足を伸ばした後,下山。

Imgp5196a

今日の目的のお店に到着。
時刻は昼食には早過ぎる午前10時半。
時間が時間だけにまだ開店前かと思ったら,お店の軒先には暖簾が掛かっていたので入店。
私のようなお客さんが少なからずいるようで,お客さんはそこそこ入っている。

 テーブル席に座り,メニューを眺める。
高尾山といえば,やはり「とろろそば」である。
店員さんに「とろろそば」を注文する。

Imgp5200a

 澄みきった透明感のあるダシ汁。
とろろを別皿に盛りつけたくなる理由がよく分かる。

 まずは薬味の刻みネギだけをのせて食べてみる。
麺は少し細めで,そば独特のぼってりとした食感。
ダシ汁は甘口で醤油がきいた濃い口。

 続いてとろろを投入。
とろろはいいイモを使っているのか粘度が高く麺にねっとりと絡みつく。
とろろ独特の野性的な風味がいい。

 さらに卓上の刻み海苔を散らす。
香ばしい海苔の香りがとろろと蕎麦の風味を引き立てる。

 お勘定を済ませてお店を後にする。
時刻はまだ11時前。
今日は長い一日になりそうだ。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 高橋家

[住所]
 東京都八王子市高尾町2209

[アクセス]
 京王線「高尾山口駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2010/01

[参考HP]
 高尾山 高橋家
 http://www.takahasiya.com/

|

« 麺屋 英(埼玉県ふじみ野市) 特製つけ麺 | トップページ | ○麺堂(東京都練馬区) 煮干番長 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/32950039

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋家(東京都八王子市) とろろそば:

« 麺屋 英(埼玉県ふじみ野市) 特製つけ麺 | トップページ | ○麺堂(東京都練馬区) 煮干番長 »