« 盛極軒(東京都日野市) 極魚介中華そば(全部のせ,麺200g) | トップページ | 高橋家(東京都八王子市) とろろそば »

2009年12月29日 (火)

麺屋 英(埼玉県ふじみ野市) 特製つけ麺

 東武東上線「上福岡駅」から往来の多い道路沿いに歩くこと25分。
10人ほどの行列ができているお店を発見し,近づいてみると案の定目的のお店だった。
時刻は開店時間から30分ほど過ぎた午前11時半ごろ。

 行列はお店の壁に沿ってできている。
行列に並んでいると,お店の壁の排気ダクトから湯気を含んだ暖かい空気が流れてきて,冷えた体が暖まる。
しかし,夏場だったらちょっときついかもしれない。

 お店の前を通り過ぎる自動車の運転手や同乗者は,必ずといっていいほどこちらに目をやり

 「何事か?」

という顔をして通り過ぎてゆく。
郊外の小さなお店にできる行列は異様である。

 しばらくすると,店員さんがメニューを持ってやってきて,行列中のお客さんに注文をとりにやってくる。
店員さんにメニューを見せてもらい「特製つけ麺」を注文する。
すかさず店員さんは

 「並盛でいいですか?」

と訊く。
麺の量は並盛250g,中盛375g,大盛500g。
麺増しすれば満腹感は得られるだろう。
しかし,味の印象は最初の一口でほぼ決まると言っていい。
体に悪いだけなので並盛でお願いする。

 行列が進み,お店の中に入る。
カウンター席に座って,店員さんの仕事を眺める。
調理担当の店員さんは男性の方と女性の方の2人。

 男性の店員さんは,つけ汁の調理を担当。
店員さんは砂糖のような白い調味料をスプーンですくい,スプーンに盛られた調味料の山を平らにならしてからつけ汁の丼に投入する。
計量は厳密である。
私は砂糖の甘みが強いつけ汁が苦手である。
少々不安になってくる。

 続いて店員さんは魚粉が入った容器から魚粉をスプーンに山盛りすくって丼に投入する。
先ほどの白い調味料とは対照的に計量はアバウトである。
魚粉は2種類使っているようである。

 女性の店員さんは麺の茹で担当。
大抵のお店では,そのお店のご主人が茹でを担当していることが多い。
セオリーどおりならば,女性の店員さんが「ご主人」ということになる。

Imgp5097a

 つけ汁はブラウン色の典型的な魚介豚骨。
魚粉の粒子がたっぷり溶けていて私好み。
あとは甘くないことを祈るだけである。

 つけ汁を出してくれた男性の店員さんは,

 「熱いので注意してください。」

と注意を促す。
つけ汁の器は,つけ汁が冷えないようにするために,大きな釜の中であらかじめ温められている。

 つけ汁の中には,海苔,メンマ,ナルト,味玉,チャーシュー,ネギ。
トッピングはオーソドックスである。

Imgp5095a
 麺は黄色い極太麺。
極太麺としては珍しく縮れがある。
生地がよどしっかりとしていないと,これほどの極太麺を縮れさせるのは不可能ではないだろうか?
麺の断面は丸く口当たりは柔らかそうである。

 まずはつけ汁をレンゲで掬って一口ティスティング。
幸い砂糖の甘さは感じられない。
見た目どおり,ざらりとした魚粉の魚介風味と豚骨のまろやかでクリィミーな風味が組み合わさったとろみのある魚介豚骨。
私が思い描く魚介豚骨のイメージにどおりであり,「ストライクゾーンのど真ん中」である。
しかし,ど真ん中すぎるため,「昔ながらの中華そば」のようにかえってコメントが書きずらい。

 続いて麺をつけ汁に浸して一口。
茹で加減は硬からず柔らかからずでちょうどよく,柔らかい口当たりともっちりとした食感がいい。
とろみのおかげでつけ汁の絡みがいいので,極太麺だが塩味が足りないと感じることはない。

 残ったつけ汁の原液をレンゲで掬って味わい,つけ汁の風味を脳裏に焼き付ける
そして,意を決してスープ割りをお願いする。
ふと他のお客さんが店員さんに

 「新しいスープお願いします。」

と頼んでいるのが聞こえてくる。
「新しいスープ」って何だろうか?
非常に気になる。

 スープ割りしたスープを飲み干してから,丼をカウンター席の上にあげてから席を立つ。
こちらのお店は「料金後払い」である。
最近は「券売機方式」のお店が多いせいか,支払を忘れて帰ろうとするお客さんが結構多く,私も危うく「食い逃げ」するところだった。

 支払の最中に「新しいスープ」をお願いしたお客さんのテーブルに目をやる。
つけ汁の丼の脇には刻みネギを散らしたスープが入ったもう一つの丼が置いてあった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺屋 英

[住所]
 埼玉県ふじみ野市大井中央4-8-13

[アクセス]
 東武東上線「上福岡駅」から徒歩25分くらい

[訪問日]
 2009/12

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 麺屋 英
 http://ramendb.supleks.jp/shop/19764

|

« 盛極軒(東京都日野市) 極魚介中華そば(全部のせ,麺200g) | トップページ | 高橋家(東京都八王子市) とろろそば »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/32774051

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 英(埼玉県ふじみ野市) 特製つけ麺:

« 盛極軒(東京都日野市) 極魚介中華そば(全部のせ,麺200g) | トップページ | 高橋家(東京都八王子市) とろろそば »