« 甚五郎(東京都国分寺市) 肉もりうどん | トップページ | はつね(東京都杉並区) タンメン »

2009年11月 8日 (日)

肉汁や(東京都練馬区) 極肉もり(半熟味玉,茹で野菜追加)

 練馬警察署南交差点から南東へのびる道を100mほど歩いたところに目的のお店を発見。

Imgp4226a

うどん屋さんなのだが,今風なつけ麺専門店のような店構え。

 お店に入ると先客は2人。
開店時間をほんの少し過ぎているだけだが,一番のりではなかった。

 このお店は食券制である。
入口に入ってすぐ左側にある券売機と向き合う。
券売機の横の壁にはメニューが貼ってある。
メニューによると「おすすめ」は「極肉もり」だそうなので,まず,「極肉もり」の食券を買う。
次に追加のトッピングを選ぶ。
追加トッピングには「半熟味玉」や「茹で野菜」などラーメン風なものもある。
ただ,さすがに「チャーシュー」や「メンマ」まではない。
壁に貼られた「極肉もり」の写真を眺め,これに合いそうなトッピングとして「半熟味玉」と「茹で野菜」の食券を買おうとこれらのボタンを見ると,赤字で「おすすめ」と書いてある。
ご主人とは気が合いそうである。

 カウンター席に座り,店内を物色する。
テーブルの上には,薬味が入った壺が置かれている。
壺は3つあり,「ニンニク」「鰹粉」「カレー」と書かれている。
壺の中を覗いて見ると,「ニンニク」の壺にはニンニクチップ,「鰹粉」の壺には微粒子状に細かく粉砕された鰹粉,「カレー」の壺には黄色いカレー粉が入っていた。
うどんの薬味というよりは,つけ麺の薬味である。

Imgp4227a

 ビジュアルはどう見てもつけ麺である。
麺はラーメンならば「極太麺」,うどんならば「細麺」である。
麺はクリーム色をしていて断面は四角い。
麺のエッジはかなり鋭く,麺の切り口は強烈な光沢を放っている。
見るからにコシが強そうな麺である。

 麺の上には追加した茹で野菜が盛られている。
野菜は,キャベツ,モヤシ,二ンジン,タマネギである。
野菜にはタレがかけられている。
味玉は麺と同様に光り輝いている。

Imgp4229a

 つけ汁のビジュアルは味噌ダレかカレーのようである。
つけ汁の中には炒めた豚の薄切り肉とネギが入っている。
この他,薬味の刻みタマネギが別皿に添えられる。

 まずはテーブルに置かれた「レンゲ」を取り,つけ汁をすする。
つけ汁は甘辛い醤油味で酸味が利いている。
つけ汁の中には大量の魚粉が溶けていて舌ざわりはザラリとしていてとろみがある。
豚骨や鳥ガラは使っていないとは思うが,醤油が利いた濃厚で甘口の「魚介醤油」のつけ汁である。
私は基本的に「甘いつけ汁」が苦手である。
しかし,このつけ汁は,せんべいや団子のタレのような醤油の香ばしさが引き立った慣れ親しんだ味付けであり,むしろ好きな味である。

 次に,麺をつけ汁に浸してすする。
麺は予想どおり強烈なコシがある。
茹で加減は固めであるが,恐ろしいことに麺の周囲から中心まで茹で加減は均一である。
よほど麺の生地がしっかりしているのだろう。

 続いて,茹で野菜をつけ汁に浸して食べる。
濃厚なつけ汁と淡白な野菜とが組み合わさることで,つけ汁と野菜が互いに旨さを引き立てあう。
つけ汁に溶けた魚粉の風味がいい。

 薬味の刻みタマネギを加えると,タマネギの香味がつけ汁の甘みを引き締め,旨味がいっそう引き立つ。
このつけ汁と刻みタマネギの組み合わせは最強である。

 目の前の薬味の壺を試してみる。
ニンニクチップをひと匙をつけ汁に入れると,ニンニクの香ばしさが加わり,刻みタマネギと同様につけ汁の風味が引き立つ。
続いて鰹粉をひと匙入れてみたが,もともと魚粉がたっぷり入っているので味の変化はよく分からない。
カレー粉は風味が大きく変わってしまいそうなので,今回は止めておいた。

 カウンター席の前には,

 「スープ割りできます。」

と書かれた貼り紙がある。
つけ麺では珍しくないが,うどんのスープ割りは初めてお目にかかる。

 スープで割ったつけ汁は,甘さがよりいっそう引き立った。
スープで割ってもなお醤油ダレと魚粉の風味が強く,ダシの主成分は私の舌ではよく分からなかった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 肉汁や

[住所]
 東京都練馬区豊玉北5-8-12

[アクセス]
 西武池袋線「練馬駅」から徒歩5分くらい。

[訪問日]
 2009/09

[参考HP]

[1] もみーのうどんレポ
 http://www.udon-repo.net/index.php

 肉汁や
 http://www.udon-repo.net/udon_html/udon_t_369.html

|

« 甚五郎(東京都国分寺市) 肉もりうどん | トップページ | はつね(東京都杉並区) タンメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あれ?肉汁やってらーめん店出身でしたっけ?
評判はいいみたいですよね~。
気が合いそうである、との件がなんだか微笑ましくて
笑っちゃいましたが(笑)、
凄い腰の麺が固いのに茹で具合は均一って凄いですね。

投稿: 岡崎宏一郎 | 2009年11月 8日 (日) 15時47分

岡崎宏一郎さんへ。
またお越しくださいましてありがとうございます。
肉汁やのご主人の件ですが,ネット上の情報によると,そうみたいです。
こちらのお店の麺は,本当に凄いですよ。

投稿: コモドドラゴン(このブログを書いている人) | 2009年11月 9日 (月) 23時39分

ここのうどん屋さんは、一時期、味が落ちてしまったとの噂を聞きました。

ネット上で噂の女性店員さんも居ないと会社の連中もガッカリしていたので、最近足を運んでいません。

投稿: ヨナ | 2009年11月22日 (日) 20時21分

ヨナさんへ。
コメントありがとうございます。
私は十分うまかったんですけれどね。

投稿: コモドドラゴン(このブログを書いている人) | 2009年11月24日 (火) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/32121379

この記事へのトラックバック一覧です: 肉汁や(東京都練馬区) 極肉もり(半熟味玉,茹で野菜追加):

« 甚五郎(東京都国分寺市) 肉もりうどん | トップページ | はつね(東京都杉並区) タンメン »