« 長田本庄軒T-tee ecute 立川店(東京都立川市) ぼっかけオムそば(小) | トップページ | さっぽろ純連 立川店(東京都立川市) 醤油ラーメン »

2009年9月23日 (水)

麺屋一心(栃木県佐野市) 野菜ラーメン(並)(野菜のせられるだけ,ニンニク,チャーシュー)

Imgp3642a

 お店には開店直後に到着。
人気店なので大行列を覚悟していたが,幸い行列はない。
店内に入ると先客は3人ほどで予想外に空いている。
カウンター席に座り,店員さんに「野菜らーめん(並)」と「チャーシュー」を注文する。
ちなみに麺の量は「並」200g,「大盛」300g,「小盛」150gだそうである。

 注文を受けた店員さんは

 「ニンニクつけますか?」

とたずねるので,ニンニクありでお願いする。
ついでに前日ネット上で下調べしたときに見つけた,ある情報について聞いてみた。

 「"野菜のせられるだけ"ってできますか?」

店員さんによると,できるそうなのでお願いする。

 ・・・

 厨房内のご主人は,麺とスープの盛りつけを終え,野菜の盛りつけにとりかる。
野菜の盛りつけは,ご主人ともうひとりの店員さんのふたりがかりである。
カウンター席と厨房との間の仕切りは高く,カウンターのすぐ向こう側の丼の様子は死角になってよく見えない。
野菜の盛りつけを終えた店員さんは,丼を見てなぜか苦笑する。
・・・いやな予感がする。

 カウンターのこちら側にようやく姿を現した丼を見て,私も笑うしかなかった。
店員さんは,野菜の山が雪崩をおこさないように注意しながら,そろりそろりと丼を運ぶ。
そして,かろうじて私の前にたどりついたが,山が少しづつ右に傾きはじめる。
とっさに傾いてゆく山を手で押さえバランスを修正するが,それでもなお山はゆっくりと傾いてゆく。
どうにかバランスが取れたところで,素早く写真を撮影する。

Imgp3644a

 野菜は本当にのせられるだけのっている。
野菜は丼に3杯ほどはあり,しかも,崩れないように圧縮してある。
少し別の角度から撮影。

Imgp3645a

恐ろしいことに,野菜の山は,厨房との間の仕切りに匹敵するほどの高さがある。
完食できる可能性は五分五分といったところか。

Imgp3651a

 チャーシューとニンニクは別皿に盛られる。
店員さんによると,チャーシューは丼にのらないので別皿に盛ったそうである。
チャーシューのうち,大きいのが追加分のチャーシューである。
チャーシューを追加しなくても,他店のチャーシュー麺ほどのボリュームがあった。
野菜大盛りにすると味が淡白になると思って追加したが,今回はこれが命取りになりかねない。
この他,野菜用の取り皿がわりの丼と野菜用のタレがもれなくついてくる。
いたれりつくせりである。

 野菜はキャベツとモヤシが主で,山頂付近には刻みネギ,背脂,コショウがふりかけられている。
まずは,野菜の山を取り皿がわりの丼に移しにかかるが,野菜の山は不安定で箸で触れただけで丼のまわりにポロポロとこぼれ落ちてしまう。
テーブルには崩れ落ちた野菜が散乱する。
傍から見ると,かなり見苦しい。

 続いて,ラーメンの入った丼の攻略にかかる。
野菜の山の大半を取り皿に移したが,それでもなお丼の上には野菜の山が出来ている。
野菜の上からタレをかけ,ときおりチャーシューをつまみながら野菜を貪る。
チャーシューはジューシーで,味がしっかりと浸みわたっていて絶品である。

 野菜を食べながら,時々スープをすする。
スープは白濁した豚骨で背脂がたっぷり浮いている。
スープにはとろみがあり,濃厚でクリィーミィなタイプである。
さらに魚介系のダシのうま味が加わっていて,あと味はすっきりしている。

 野菜を食べ進むうち,ようやく麺にたどりつく。
しかし,麺を引き上げようにも,まだ周囲の野菜の重みのせいで引き出すのは至難の業である。
やむなく,再度野菜を食べまくった後,再び麺を引き上げにかかるが,丼の中にはまだ大量の野菜が浮遊していて麺をつまんだつもりでも,どうしても野菜をつまんでしまう。
麺は黄色がかった太麺で濃厚な豚骨スープによくあっている。
麺にたどりつくまでかなりの時間がかかったが,それでも麺はほとんど伸びていなかった。

 どれくらいの時間がかかったか分からないが,丼の中の野菜と麺を完食。
しかし,まだもうひとつの丼には山盛りの野菜が残っている。
正直しんどくなってきたが,野菜増しをしておいて野菜を残しては格好がつかない。
丼の野菜をスープに浸しながら,ひたすら食べまくる。
そして,丼に残ったスープを飲み干す。

 丼の下には丼からあふれたスープを受けるための皿がしいてあり,そこには大量のスープがこぼれている。
このこぼれたスープを丼の中に注いでみると,丼の1/4ほどもあった。
はしたないと思いつつも,このスープを飲んでみたら,このスープの方が先ほどまで食べていたスープよりも味がはっきりしていてはるかにうまい。
恐らく,大量の野菜の水分でスープが薄くなってしまったのだろう。

 他のお客さんが食べている「普通の野菜ラーメン」に目をやる。
普通の野菜ラーメンでも野菜は丼に1杯ほどあり,これでも野菜は十二分に多い。
丼の下にしかれた皿の上にはスープはほとんどこぼれていなかった。

 お勘定を済ませてお店を出るが,かなりヤバい状況である。
前かがみになって,ふらふらと歩き,近くのスーパーの前にベンチを見つけて座りこむ。
そのまま1時間ほど一歩も動けなかった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺屋一心

[住所]
 栃木県佐野市富岡町1720-7

[アクセス]
 JR,東武「佐野駅」から徒歩40分くらい

[訪問日]
 2009/08

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

[2] 麺屋一心
 http://ramendb.supleks.jp/shop/18165

|

« 長田本庄軒T-tee ecute 立川店(東京都立川市) ぼっかけオムそば(小) | トップページ | さっぽろ純連 立川店(東京都立川市) 醤油ラーメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

群馬県佐野市を訂正して下さい

投稿: | 2009年9月23日 (水) 23時21分

↑の方へ。
ご指摘ありがとうございました。早速,訂正いたします。
それから,佐野市民のみなさん。
大変失礼いたしました。

投稿: コモドドラゴン(このブログを書いている人) | 2009年9月24日 (木) 22時30分

初めまして。

久々に見ましたこの盛。
よく全部お食べになりましたね。
その強欲さに拍手です(笑)

またいらしてください。
今度はつけ麺を、どうぞ食べてみて下さい。

投稿: yasu | 2009年10月 1日 (木) 21時40分

yasuさんへ。
コメントどうもありがとうございます。
このときは巨大な野菜の山がアダになって,このお店本来のラーメンを100%味わえたとはいえませんでした。
いずれ再訪問して今度は普通のメニューをちゃんと味わってみたいと思います。

投稿: コモドドラゴン(このブログを書いている人) | 2009年10月 2日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/31489720

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋一心(栃木県佐野市) 野菜ラーメン(並)(野菜のせられるだけ,ニンニク,チャーシュー):

« 長田本庄軒T-tee ecute 立川店(東京都立川市) ぼっかけオムそば(小) | トップページ | さっぽろ純連 立川店(東京都立川市) 醤油ラーメン »