« 頑者(埼玉県川越市) つけめんチャーシュー | トップページ | らーめん愉悦処 鏡花(東京都立川市) 極醤油ラーメン »

2009年7月27日 (月)

濃・淡つけ麺 三四郎(埼玉県川越市) 特製豚玉つけ麺

Imgp3227a

喜多院境内の五百羅漢。
観光マップなどでよく見かけるのは多分この二体だろう。
羅漢像は五百体以上あるそうだが,それぞれ表情豊かでひとつひとつ眺めても飽きがこない。

 お店には開店時刻から少し過ぎた11時45分ごろ到着するが,6人ほどの行列ができている。
観光マップによると,お店の前から延びる通りは「大正浪漫夢通り」と言うそうで古い建物が多い。
ヒマなので,通りをはさんで向かい側の「川越商工会議所」の写真を撮影。

Imgp3236a

 お店の外壁にはメニューが掲げられている。
お店の屋号のとおり,メニューには「濃厚つけ麺」と「淡麗つけ麺」があり,どちらにすべきか大いに迷う。
そのうちに,「特製豚玉つけ麺」というメニューに目が留まり,こちらも気になりはじめる。
どうこうしているうちに行列は店内の券売機まで進む。

 財布を覗くと紙幣は一万円札しかなく,券売機は一万円札に対応していない。
ご主人の作業がひと段落したタイミングを見計らって両替をお願いしようとするが,お店はご主人が一人で切り盛りしていることもあって大忙しである。
両替は快く引き受けていただけたが,忙しいところ申し訳ないことをしてしまった。
両替を機にご主人に「特製豚玉つけ麺」について聞いてみたところ,「濃厚つけ麺」に豚バラ肉と味玉を追加したものだそうである。
ご主人の説明を聞いて,これに決めた。

 カウンター席に座り,ご主人の仕事を観察する。
つけ汁は,ダシ,タレ,チャーシューやメンマなどの具を小鍋に入れて煮込む。
味玉は麺を茹でる鍋の中で温める。
これならば,つけ汁も具も熱々のものが頂けそうである。
こういったひと手間はありがたい。

 テーブルの上には魚粉が置かれている。
魚粉は粒子が細かいタイプである。
これは是非使ってみたい。

Imgp3238a

 つけ汁は豚骨醤油のこげ茶色で,小鍋でひと煮立ちさせたせいか泡立っている。
表面の油膜は少し厚めである。
つけ汁の中には短冊切りのチャーシュー,メンマ,ネギ,ナルト,味玉,薄切りの豚バラ肉が入っている。
豚バラ肉のトッピングは珍しいと思う。

Imgp3240a

 麺は少し縮れた太麺で,薄い黄色に灰色を混ぜ合わせたような色をしている。

 まずはレンゲでつけ汁をすすってみる。
つけ汁は少しとろみがあり,豚骨と魚介のうまみがよく出ている。
味醂と醤油をあわせたような和風な甘みがあり,酸味は隠し味程度にほんの少しある。
名前のとおり濃厚なつけ汁であるが,強力な魚介系のダシと胡椒のおかげで後味はスッキリしている。

 麺は全体が均質に茹でられていて茹で加減は少し固め。
つけ麺にはちょうどいい茹で加減である。
麺を噛みしめると小麦の風味が感じられ,粗挽きな印象である。

 中盤で魚粉のことを思い出した。
魚粉をスプーンにたっぷりとすくってつけ汁に投入する。
予想通り魚風味がパワーアップしてうま味が増した。
もっと早めに使ってもよかったかもしれない。

 例によってご主人は忙しく仕事をしている。
ご主人の手が空いたタイミングを見計らってスープ割りをお願いする。
ご主人は私のつけ汁にスープを注ぎ,これを小鍋に移して温め始める。
小鍋のつけ汁が沸騰したところで,私のつけ汁の器に「何か」を入れ,そこに温められたつけ汁を注ぐ。
忙しい中,ここまで手間をかけていただけるとは頭が下がる。

 つけ汁は熱々で,和風テイストのつけ汁は魚介の風味がさらにパワーアップして絶品である。
丼の底をレンゲで探ってご主人が入れた「何か」を調べてみと,糸のように細く切った生姜だった。
つけ麺に生姜の薬味は珍しいが,煮魚や豚肉に生姜がよくあうことから,これはいい組み合わせである。
生姜の清涼感が加わることでつけ汁の後味がスッキリし,シメとしては最高だった。

 お店は市内の観光スポット近くにあるため,観光の途中に立ち寄ったお客さん,特に,中高年のお客さんも多い。
中高年のお客さんのほとんどは「中華そば」を注文していた。
つけ麺は中高年層にはあまり浸透していないようだ。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 濃・淡つけ麺 三四郎

[住所]
 埼玉県川越市仲町2-2

[アクセス]
 西武新宿線「本川越駅」から徒歩15分くらい

[訪問日]
 2009/06

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 濃・淡つけ麺 三四郎
 http://ramendb.supleks.jp/shop/17270

|

« 頑者(埼玉県川越市) つけめんチャーシュー | トップページ | らーめん愉悦処 鏡花(東京都立川市) 極醤油ラーメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/30722992

この記事へのトラックバック一覧です: 濃・淡つけ麺 三四郎(埼玉県川越市) 特製豚玉つけ麺:

« 頑者(埼玉県川越市) つけめんチャーシュー | トップページ | らーめん愉悦処 鏡花(東京都立川市) 極醤油ラーメン »