« ふたばや(東京都八王子市) うどん(2,温) | トップページ | 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 限定塩らぁ麺白式部添え »

2009年5月13日 (水)

龍の髯(神奈川県大和市) 龍の髯(半熟味付け卵追加)

Imgp2962a
 お店は住宅街の傍らにある。
看板をよく見ると「龍の髯」の文字のバックに龍の絵が描かれている。
お店の暖簾には「韮」の文字を基調にしてデザインしたお店のトレードマークが描かれている。
このマークは店員さんが着用しているTシャツの背中にもプリントしてある。

 時刻はお昼の2時半ごろ。
お客さんの入りは半分ほど。
お店に入って右側にある券売機でお店の名前を冠した「龍の髯」と「半熟味付け卵」の食券を買い,空いているカウンター席に座る。

 カウンター席からご主人の仕事を眺めてみると,ちょうど丼にスープを注いでいる最中。
ご主人は寸胴から柄杓でスープを掬い,キメの細かいザルでスープを濾して丼に注ぐ。
最後はザルから丼に落ちるスープを一滴単位で調整している。
恐らくスープの量ではなく油の調整なのだろうが,薬品の調合のように見えなくもない。

Imgp2964a

 スープは透き通った黄金色。
麺は少し縮れた黄色い細麺。
トッピングは,ニラと白髪ネギの炒め物,チャーシュー,メンマ,海苔,追加した味玉。

 まずはスープを一口いただく。
魚介系のダシのほんのりとした甘みが広がり,思わず「ハッ」と息を飲んでしまう。
思わず,もう一口二口と味わう。

 麺は芯を一本残したアルデンテで小麦の風味がいい。
生地がしっかりしているので細麺ながらコシがあり最後まで伸びることはない。

 チャーシューは色白で最初は鶏チャーシューかと思ったが豚肉のようである。
醤油を使わずに煮込んでいるのか,それとも白醤油を使っているのかはよく分からないが,淡白な風味があっさりとした塩味のスープと融合している。
他店では味わえない個性的なチャーシューだと思う。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 龍の髯

[住所]
 神奈川県大和市林間1-1-1

[アクセス]
 小田急江ノ島線「鶴間駅」または「南林間駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2009/04

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 龍の髯
 http://ramendb.supleks.jp/shop/1397

[2] 龍の髭公式ホームページ
 http://homepage3.nifty.com/ryunohige/

|

« ふたばや(東京都八王子市) うどん(2,温) | トップページ | 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 限定塩らぁ麺白式部添え »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/29600679

この記事へのトラックバック一覧です: 龍の髯(神奈川県大和市) 龍の髯(半熟味付け卵追加):

« ふたばや(東京都八王子市) うどん(2,温) | トップページ | 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 限定塩らぁ麺白式部添え »