« 自家製中華そば 勢得(東京都世田谷区) 得勢つけめん(大盛り) | トップページ | 本格手打うどん あらた(東京都八王子市) ざる »

2009年5月 9日 (土)

八雲(東京都目黒区) 特製ワンタン麺(黒だし)

 目的のお店近くの交差点に到着。
どこからともなく漂ってくる麺を茹でる湯気の香りで目的地が近いことが分る。

Imgp2939a

お店の看板を発見する。
お店はこの階段を登った先にある。

 時刻は12時少し前。
店内のカウンター席はいっぱいで,順番待ち用のイスに3人ほどのお客さんが座っている。
幸運にも行列は短かい。

 お店の入り口の券売機と対峙する。
今日の目当ては「特製ワンタン麺」であるが,悩ましい問題が一つある。
スープを「黒だし」「白だし」「ミックス」の3つから選べる点である。
券売機の左半分は「黒だし」メニューのボタン,右半分は「白だし」メニューのボタンであり,きれいに半分に分かれている。
セオリーでは,お店のおすすめは「券売機の左上」であることから,左側の「特製ワンタン麺(黒だし)」の食券を買う。
ちなみに,「券売機の左上」は「支那そば(黒だし)」であった。

Imgp2938a

 麺は中細麺でほんの少し縮れている。
スープは醤油ラーメンの定番のコハク色で表面の油膜はほどほど。

 トッピングは,ワンタン,チャーシュー,メンマ,海苔,ネギ。
ワンタンは,海老と肉の2種類。
ネギは,白髪ネギ,輪切りのネギ,万能ネギの3種類でありバラエティに富んでいる。

 麺は固めに茹でられていて,芯を一本残したアルデンテ。
スープはショウガなどの香味野菜の風味が印象的。
醤油がきいたスッキリとしたタイプだが,味付けはしっかりとしていて重厚である。

 海老ワンタンは海老のプリプリとした歯ごたえがよく海老の甘い風味がいい。
肉ワンタンの具は硬めの肉団子になっていて旨味が凝縮されている。
ワンタンの皮の部分はフワフワとしていて,とろけるような口当たりがいい。
口の中ではとろけるように柔らかいが,それでいてスープに溶けないのが不思議である。

 意外とうまかったのはチャーシューである。
部位はモモ肉だと思うが,パサパサ感がなく味がじんわりと浸みている。
チャーシュー麺を注文しているお客さんも多いようだ。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 八雲

[住所]
 東京都目黒区大橋1-7-2 オリエンタル青葉台2階

[アクセス]
 東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2009/04

[参考HP]
[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 八雲
 http://ramendb.supleks.jp/shop/10

|

« 自家製中華そば 勢得(東京都世田谷区) 得勢つけめん(大盛り) | トップページ | 本格手打うどん あらた(東京都八王子市) ざる »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/29517028

この記事へのトラックバック一覧です: 八雲(東京都目黒区) 特製ワンタン麺(黒だし):

« 自家製中華そば 勢得(東京都世田谷区) 得勢つけめん(大盛り) | トップページ | 本格手打うどん あらた(東京都八王子市) ざる »