« はなや(山梨県富士吉田市) 湯もり | トップページ | イトーヨーガガガドー(ガガガ職堂)(東京都板橋区) 辛味噌らーめん »

2008年12月 4日 (木)

手打ち・つけ麺 欣家(東京都板橋区) スペシャルつけめん

 時刻は午前11時。
お店を探していると,進行方向に,ちょうど開店待ちの行列が店の中に吸い込まれていくのが見える。

Imgp2127a

 店内に入ると,まだカウンター席が数席あいていたのでそこへ座る。
せっかく遠出してきたので,豪勢に「スペシャルつけめん」を注文する。

 出来上がりを待つ間,店内の張り紙をながめる。
ダシには「目光(めひかり)」という深海魚を使っているそうだ。
また,11月から薬味に「生ゆず」を置いているそうである。
偶然にもちょうどいい季節に訪問できた。

Imgp2123a

 つけ汁は少しくすんでいる。
つけ汁の中には,海苔,ネギ,メンマ,角切りチャーシューが入っている。

Imgp2126a

 スペシャルだけに豪華である。
麺は少しウェーブのかかった太麺。
陽射しが差し込んでいるせいか,写真の麺は真白であるが,実物はもう少し黄色い。
麺の皿のトッピングは,海苔,味玉,ワカメ,メンマ,チャーシュー。

 皿の上のチャーシューは2種類ある。
つけ汁の中の角切りチャーシューとあわせると,全部で3種類のチャーシューを食べることができる。
また,写真だと海苔に隠れて分からないが,メンマは太く,しかも,量が多い。

 つけ汁は,薄味である。
甘口であるが,ほんのりと苦味がある。
大人向けのつけ汁だろう。
先入観なのか,どこか煮魚の煮汁に似ている。
太麺は表面がつるつるとしており,あっさりとしたつけ汁とよくあう。

 メンマも薄味であり,コリコリとしてうまい。
メンマはつけ汁にくぐらせた方がうまいかもしれない。
チャーシューは柔らかく,これもうまい。

 途中で,張り紙にあった「生ゆず」を少しつけ汁に投入してみる。
和風のつけ汁だけに,ゆずとの相性はいい。

 さて,薄味のつけ汁である。
スープ割りをするべきか迷うところだが,サプライズがあるかもしれないので,スープ割りをお願いする。
不思議なことに,スープ割りしてもスープが薄くなったようには感じられない。
やはり,ダシがいいのだろう。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 手打ち・つけ麺 欣家

[住所]
 東京都板橋区高島平

[アクセス]
 都営三田線「西台駅」から徒歩10分くらい

[訪問日]
 2008/11

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 手打ちつけ麺 欣家
 http://ramendb.supleks.jp/shop/1066

[2] ぼうずコンニャクの市場魚介類図鑑
 http://www.zukan-bouz.com/index.html

 アオメエソ
 http://www.zukan-bouz.com/hime/aomeeso/aomeeso.html

|

« はなや(山梨県富士吉田市) 湯もり | トップページ | イトーヨーガガガドー(ガガガ職堂)(東京都板橋区) 辛味噌らーめん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/25886829

この記事へのトラックバック一覧です: 手打ち・つけ麺 欣家(東京都板橋区) スペシャルつけめん:

« はなや(山梨県富士吉田市) 湯もり | トップページ | イトーヨーガガガドー(ガガガ職堂)(東京都板橋区) 辛味噌らーめん »