« ぼんくららーめん(東京都日野市) つけごっつ | トップページ | いつみ屋(東京都府中市) 煮玉子らーめん »

2008年12月29日 (月)

町田汁場しおらーめん進化(東京都町田市) しおらーめん

 小田急線町田駅のすぐ東側の踏切を渡って,そのまままっすぐに15分ほど歩いて目的のお店に到着する。
県道からほんの少し路地を奥に入ったところにあるので少々分かりにくい。

Imgp2504a

よく見ると,お店の壁には,佐野実氏の「支那そばや」のポスターが貼ってある。

 時刻はお昼の1時30分。
幸いお店の外には行列はない。
が,店内に入ると9人が待っている。
困ったことに,「行列」の体をなしていないので,どこが最後尾なのか分からない。
無難にお店の入り口の脇で待機する。

 待っている間,店内のうんちく書きを眺める。
食材の産地がたくさん列挙されているが,残念ながら無知な私には,これらがどれほどの価値があるものなのかよく分からない。
仮に分かったところで,私程度の味覚では,その違いは分からないだろう。

 券売機の前が空いたので,食券を買うことにする。
基本メニューは,「しおらーめん」「煮干しおらーめん」「つけめん」がある。
トッピングは「味玉」「チャーシュー」「鶏チャーシュー」がある。
初訪問なので,基本の「しおらーめん」の食券を買う。

 30分ほど待機してようやくカウンター席に座り,出来上がりを待つ。

Imgp2503a

 スープはきれいに澄んでいる。
麺は白い中細ストレート麺。
トッピングは,鶏チャーシュー,長ネギ,万能ネギ,メンマ,それから,柚子がひとかけら。

 麺は表面がつるりとしており,細い麺ではないがコシがある。
生地がよく練られているのか,生地の密度が高い。

 スープは鶏が強いかと思いきや,昆布の風味がいちばん強く感じられ,その次が鶏であった。
スープは不純物がほぼ完璧に濾過されていて透明である。
空になった丼の周囲にも底にも粒子が付着していないのには驚いた。

 食べ終わった後で,カウンターの上が妙にすっきりしていることに気がつく。
カウンターの上には,胡椒や唐辛子などの調味料や薬味の類がひとつもなかった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 町田汁場しおらーめん進化

[住所]
 東京都町田市森野

[アクセス]
 JR「町田駅」からから徒歩20分くらい

[訪問日]
 2008/12

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 町田汁場しおらーめん進化
 http://ramendb.supleks.jp/shop/12559

|

« ぼんくららーめん(東京都日野市) つけごっつ | トップページ | いつみ屋(東京都府中市) 煮玉子らーめん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ここはちょっと気になっているお店なのですが、町田から徒歩15分の立地で行列(?^^)ができるとはなかなかすごいですね。

投稿: next | 2008年12月30日 (火) 10時33分

nextさんへ。コメントありがとうございます。立地があまりよくなくても,うまいと聞けば,とりあえず行きたくなりますね。

投稿: コモドドラゴン(このブログを書いている人) | 2009年1月 4日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/26592605

この記事へのトラックバック一覧です: 町田汁場しおらーめん進化(東京都町田市) しおらーめん:

« ぼんくららーめん(東京都日野市) つけごっつ | トップページ | いつみ屋(東京都府中市) 煮玉子らーめん »