« 麺場 浜虎(神奈川県横浜市) 醤そば(味玉追加) | トップページ | 町田汁場しおらーめん進化(東京都町田市) しおらーめん »

2008年12月26日 (金)

ぼんくららーめん(東京都日野市) つけごっつ

 時刻はお昼の1時半ごろ。
休日のせいか,家族づれのお客さんが多い。
ラーメン専門店としてはテーブル席が多い方だと思うので,家族づれでも比較的入りやすいのかもしれない。

 壁にかかったメニューの木札を見ると,前回とは微妙に変わっている。
ふと「つけごっつ」という木札に目がとまる。
おそらく豚骨醤油ラーメンの「ごっつ」のつけ麺版だと思うが,この木札は,今回初めてお目にかかるような気がする。
それではと,「つけごっつ」の食券を券売機で買う。

 カウンター席に座っると,替え玉についての説明書きがある。
替え玉は「太麺」「平打ち麺」「細麺」の3種類が選べる。
「太麺」は豚骨醤油の「ごっつ」,「平打ち麺」は醤油の「侍」,「細麺」は塩豚骨の「ぼんくら」に使われているものだろう。

Imgp2456a

 つけ汁はこげ茶色に濁っており,基本的に「ごっつ」のスープと同じようである。
つけ汁の中には,チャーシュー,白髪ネギ,岩海苔,三つ葉。
チャーシューはラーメンに使う1枚物を1/2~1/3に刻んである。
よく見ると,つけ汁の中に黄色い物体が沈んでいるが,最初は気がつかなかった。

Imgp2458a

 麺は黄色い中細麺。
この麺は,先の「太麺」「平打ち麺」「細麺」とは違う第4の麺のようだ。
油そばの「JFK」にもこの麺が使われている。

 ラーメンの「ごっつ」は太麺か中太麺だったが,このつけ麺版の「つけごっつ」ではそれよりも細いものを使用している。
つけ麺はラーメンよりも太い麺を使用するのが一般的だが,その点,この「つけごっつ」は異例である。

 麺をつけ汁に浸して一口食べる。
つけ汁は「味噌味のせんべい」に香辛料をふりかけたような独特の風味がある。
三つ葉,白髪ネギの香味や,海苔の磯の風味がつけ汁の風味とよくあっている。

 つけ汁単体の風味は「ごっつ」のスープと同じようである。
が,食べた印象は「ごっつ」よりも薄味であっさりしており,その分ダシの風味がよく分かる。
麺をあえて細くしたのは,つけ汁をからみやすくするためであろう。
「ごっつ」と同じ太麺を使っていたとしたら,味が薄くなりすぎると思う。

 しばらくして,つけ汁の中の黄色い物体の正体が分かる。
困ったことに私の天敵の「生卵」である。
恐らく,生卵とつけ汁とをかきまぜて,これに麺を浸して食べるのが「うまい」食べ方なのだろう。
しかし,私には無理である。
放置すると生卵が潰れてつけ汁全体に拡散する恐れがあるので,生卵をレンゲで注意深くすくって一気に丸のみする。

 最後にスープ割りをお願いする。
すると,店員さんが替え玉を入れる陶器にスープを入れて持ってきてくれる。
スープは真白に乳化して濁っており,どこか香味野菜の風味が感じられた。

 ほかのメニューはこちら。

 ぼんくららーめん(東京都日野市) JFK
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-2255.html

 ぼんくららーめん(東京都日野市) ねぎごっつ
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_b900.html

 ぼんくららーめん 味玉侍
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_528a.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 ぼんくららーめん

[住所]
 東京都日野市旭が丘

[アクセス]
 JR中央線豊田駅北口から徒歩15分くらい

[訪問日]
 2008/12

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 ぼんくららーめん
 http://ramendb.supleks.jp/shop/1911

|

« 麺場 浜虎(神奈川県横浜市) 醤そば(味玉追加) | トップページ | 町田汁場しおらーめん進化(東京都町田市) しおらーめん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/26502880

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんくららーめん(東京都日野市) つけごっつ:

» 渋草焼 [全国の陶器を知ろう]
渋草焼の故郷、岐阜県高山市は、その昔、徳川幕府直轄の天領地として栄えた町です。また、飛騨山中の木材の集積地としても大変に栄えていました。現在でも全国から観光客の集まる高山祭りでは、豪華な山車などに当時の繁栄ぶりをうかがうことができます。全国の陶器を扱う町にはそれぞれの特徴がありますが、ここ高山市を代表する渋草焼も、高山の豪勢な町人文化の中から生まれた焼き物と言えます。渋草焼の特徴として挙げられるの... [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 14時55分

« 麺場 浜虎(神奈川県横浜市) 醤そば(味玉追加) | トップページ | 町田汁場しおらーめん進化(東京都町田市) しおらーめん »