« 珍々亭(東京都武蔵野市) 油そば | トップページ | 基 motoi(東京都町田市) 味玉つけ麺 »

2008年12月17日 (水)

洞くつ家(東京都武蔵野市) ラーメン(味玉追加)

 時刻は午後1時。
店内は混雑しているが,幸運にも行列はない。
入口に置いてある券売機で「ラーメン」と「味玉」の食券を買う。
券売機で食券を買おうとすると,どうしてもお店の出入り口を塞いでしまう。
帰りのお客さんの通行の邪魔にならないように注意する。

 カウンター席の後ろには,長い木製のベンチのような台があり,お客さんが荷物を置いている。
と思ったら,実はこれは待合用のベンチである。
しばらくして混雑して行列が出来始めると,店員さんがお客さんに荷物の移動をお願いしていたことで,それが分かった。

Imgp2368a

 見るからにハードな一品である。
丼からは,湯気といっしょに豚骨独特の臭みが漂う。
人によって評価が分かれそうなラーメンである。

 スープの表面の油膜は厚く,油膜の下のスープは乳化して濁っている。
麺は中太で,平打ちまではいかないが,少し平たい。

 トッピングは,ほうれん草,チャーシュー,ネギ,海苔。
丼の右側にある緑色の物体は,最初はほうれん草の茎の部分かと思ったが,そうではなく「山くらげ」という食材だそうだ。
追加した味玉は別皿に添えられる。

 まずは,「山くらげ」を1本つまんで食べてみる。
食感はコリコリとしている。

 スープは豚骨独特の臭みが強い。
表面の油膜も厚く,強烈にコッテリしている。

 テープルの上には,「おろしニンニク」「おろしショウガ」「ゴマ」「豆板醤」などの薬味がそろっている。
まずは,「ニンニク」を投入する。
薬味の容器が大きく,スプーンも大きいので,入れすぎないように注意する。
やはり,この手のコッテリしたラーメンにはニンニクである。

 次に,「ショウガ」を投入する。
すると,豚骨の臭みが和らぎ,スープの後味がさっぱりする。
家系のスープにはショウガがよくあう。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 洞くつ家

[住所]
 東京都武蔵野市吉祥寺南町

[アクセス]
 JR中央線,京王井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩3分くらい

[訪問日]
 2008/12

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 洞くつ家
 http://ramendb.supleks.jp/shop/2650

[2] 横浜家系ラーメン 洞くつ家 吉祥寺
 http://www.dokutsuya.com

|

« 珍々亭(東京都武蔵野市) 油そば | トップページ | 基 motoi(東京都町田市) 味玉つけ麺 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/26244049

この記事へのトラックバック一覧です: 洞くつ家(東京都武蔵野市) ラーメン(味玉追加):

« 珍々亭(東京都武蔵野市) 油そば | トップページ | 基 motoi(東京都町田市) 味玉つけ麺 »