« 洞くつ家(東京都武蔵野市) ラーメン(味玉追加) | トップページ | 麺や樽座 小宮店(東京都八王子市) 黒味噌ラーメン »

2008年12月18日 (木)

基 motoi(東京都町田市) 味玉つけ麺

 町田の繁華街の一画にある仲見世商店街。

Imgp2400a

細い路地の両側には小さな商店が軒を連ねている。
どことなく,秋葉原駅前にある電子部品の商店街に似ている。
この商店街を少し入ったところに今日の目的のお店がある。

 時刻は午後2時過ぎ。
行列は5人。

 しばらく行列して先頭に到達する。
お店は狭い。
店内のお客さんが食べ終わって店外へ出るのと入れ替わりに店内に入り,券売機と向き合う。
「味玉つけ麺」の食券を買って,空いたカウンター席に座る。

Imgp2397a

 麺は中太の白い麺。
形は丸く表面はしっとりしている。
麺は底が深いラーメンの丼に入っていて量は意外と多そうだ。

Imgp2398a

 つけ汁は茶色く乳化しており,表面には背脂が浮いている。
一味唐辛子が少量入っている。

 つけ汁の中には,ネギ,味玉が見える。
つけ汁の底には,メンマと角切りのチャーシューが沈んでいる。

 つけ汁は濃厚でとろみがあって麺とよく絡む。
つけ汁はほんのりと甘みがあり,とろりとした豚骨のクリィミィな風味とよくあう。
また,節や煮干しなどの魚介系の風味も強く,煮干しのほろ苦さが味に深みを与えている。
中太麺は少し硬めに茹でられており,濃厚なつけ汁とよくあっている。

 カウンターの前には,刻み玉ねぎが入った丼と,ニンニクとクラッシャーが置いてある。
そのままでも十分おいしいので,薬味を追加するのには躊躇するが,刻み玉ねぎを試してみる。
つけ汁が濃厚なせいか,刻み玉ねぎの効能はよく分からない。

 最後にスープ割りをお願いする。
スープといっしょにネギを追加してもらえる。
やはり,スープ割りした方が,つけ汁がさらりとしてダシの風味が分かりやすくなる。

 今風のつけ麺と言ってしまえばそれまでであるが,今風のつけ麺としてまず思い浮かぶのが,私の場合,このお店のつけ麺である。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 基 motoi

[住所]
 東京都町田市原町田

[アクセス]
 JR横浜線「町田駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2008/12

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 基 motoi
 http://ramendb.supleks.jp/shop/9780

|

« 洞くつ家(東京都武蔵野市) ラーメン(味玉追加) | トップページ | 麺や樽座 小宮店(東京都八王子市) 黒味噌ラーメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/26271451

この記事へのトラックバック一覧です: 基 motoi(東京都町田市) 味玉つけ麺:

« 洞くつ家(東京都武蔵野市) ラーメン(味玉追加) | トップページ | 麺や樽座 小宮店(東京都八王子市) 黒味噌ラーメン »