« 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の超レプリカ | トップページ | 開花(山梨県富士吉田市) かけうどん »

2008年11月24日 (月)

東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) 期間限定もりホワイト

 お昼のピークを外したつもりだが,店内はほぼ満席。
お店の入り口右手側の券売機で「期間限定もりホワイト」の食券を買う。
ちょうどカウンター席が空き,店員さんにそこへ案内される。

 「もりホワイト」は豆乳を使ったつけ麺だそうだ。
私はまだ豆乳を使ったスープやつけ汁を味わったことがない。
今日は展開が予測できない。

 寒くなってきたせいか「ラーメン」を食べているお客さんが多い。
だんだん「ラーメン」に惹かれてきたが,今日は「もりホワイト」である。

 新店舗に移転してから厨房にも改良が加えられているようだ。
茹でた麺を釜から揚げる仕掛や,麺を流水にさらす仕掛がおもしろい。

 また,厨房の中には,電子レンジが用意されている。
もりホワイトの調理に使うようだ。

Imgp2267a

 麺は太いストレート麺。
表面はしっとりとしている。

Imgp2265a

 純白のつけ汁が出てくると予想していたが,ビジュアルは乳化が進行した超濃厚な醤油豚骨スープのようで意外と普通である。
ただ,大勝軒史上最も白いのは確かだろう。

 つけ汁の中には,ゆで卵,ナルト,ほうれんそう,キクラゲ,エリンギ。
つけ汁の底には,鶏肉が沈んでいる。

 つけ汁はビジュアルだけでなく風味も濃厚な豚骨醤油によく似ている。
豚骨のかわりに豆乳が,つけ汁にコクとマイルドさを加える役どころになっているようだ。
ただし,豚骨よりも後味がさっぱりしており,このあたりが「豚骨100%」と「豆乳ブレンド」との大きな違いのようだ。
また,後味がさっぱりしているのは,ショウガの風味が強いせいかもしれない。

 味付けは,「豆乳」の印象から甘口を予想していたが,これも予想に反して辛口である。
レギュラーメニューの「もりそば」のように砂糖は使っていないようだ。

 最後にスープ割りをお願いする。
スープで割ったつけ汁はアツアツである。
寒い季節にはありがたい。

 豆乳を使ったつけ汁ということで,どうなることかと少々不安であったが予想外にうまかった。
豆乳は豚骨よりもカロリー控えめだろうから,うまいだけでなく体にもやさしそうである。

 つぎの期間限定メニューは,12/4から「もり味噌」だそうだ。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 東池袋大勝軒 八王子店

[住所]
 東京都八王子市東町

[アクセス]
 JR中央線八王子駅北口から徒歩5分

[訪問日]
 2008/11

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 東池袋大勝軒 八王子店
 http://ramendb.supleks.jp/shop/3827

|

« 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の超レプリカ | トップページ | 開花(山梨県富士吉田市) かけうどん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/25619006

この記事へのトラックバック一覧です: 東池袋大勝軒 八王子店(東京都八王子市) 期間限定もりホワイト:

« 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の超レプリカ | トップページ | 開花(山梨県富士吉田市) かけうどん »