« ぼんくららーめん(東京都日野市) JFK | トップページ | 昴神角ふじ(東京都杉並区) うま節麺(野菜ちょい増し,ニンニク) »

2008年11月 9日 (日)

佐久の草笛(長野県佐久市) ざるそば

 碓氷峠を超えて長野県に入る。

Imgp1895a

実際に見る浅間山には巨大な生き物のような迫力がある。

Imgp1924a

リンゴ畑はちょうど収穫の時期をむかえている。
真赤な紅玉がすずなりである。

 どうこうしているうちに日が暮れる。
信州だけにラーメン店よりも蕎麦屋の方が圧倒的に多い。
というわけで今夜は蕎麦を食らうことにする。

 時刻は夜の6時前。
夕食のピークよりは少し早いが店内は混雑している。
ファミレスのように店頭に置かれた用紙に名前を記入する。
ほどなく,店内に案内される。
いちおうメニューをひらいたが,基本の「ざるそば」を注文する。

 メニューの「ざるそば」の隣には「もりそば」がある。
もちろん,これは東池袋大勝軒の「特製もりそば」=「中華麺の"つけ麺"」とは別物である。
ただ,東池袋大勝軒のルーツは荻窪ラーメンであり,荻窪ラーメンのお店は蕎麦屋からの転業が多いそうである。
「特製もりそば」の名前の由来は,蕎麦屋の「もりそば」ではないかと勝手に想像してしまう。

Imgp1928a

 麺は中細の平打ち麺。
薬味はネギ,わさび,生姜,大根おろし。

 まずは,そばつゆが入ったお猪口からそばつゆの半分ほどを湯飲み茶碗大の容器に注ぐ。
全部注ぐと蕎麦湯割りのときに塩辛くなってしまうからである。
薬味もまず半分を投入する。
薬味も蕎麦湯割りのために残しておく。
TVか何かから仕入れた浅知恵である。

 麺はキーンと冷やされていて,きりりと締まっている。
麺はさほど太くないがコシがある。
麺の量は意外と多く食べ応えがある。

 最後は蕎麦湯割りをする。
そういえば,「つけ麺」の「スープ割り」も蕎麦湯割りがルーツかもしれない。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 佐久の草笛

[住所]
 長野県佐久市佐久平駅東

[アクセス]
 JR小海線,長野新幹線「佐久平駅」蓼科口から徒歩5分ほど

[訪問日]
 2008/10

[参考HP]
 [1] 信州蕎麦の草笛
 http://www.kusabue.co.jp/

 [2] フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

 蕎麦
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%95%8E%E9%BA%A6

 荻窪ラーメン
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E7%AA%AA%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3

 [3] 大勝軒
 http://www.taishoken.co.jp/

 店舗情報
 http://www.taishoken.co.jp/taishoken/index.html

 丸長のれん会グループのルーツ
 http://www.taishoken.co.jp/syoukai/norenkai/

 丸長のれん会名簿
 http://www.taishoken.co.jp/syoukai/norenkai/meibo.html

|

« ぼんくららーめん(東京都日野市) JFK | トップページ | 昴神角ふじ(東京都杉並区) うま節麺(野菜ちょい増し,ニンニク) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/25152317

この記事へのトラックバック一覧です: 佐久の草笛(長野県佐久市) ざるそば:

« ぼんくららーめん(東京都日野市) JFK | トップページ | 昴神角ふじ(東京都杉並区) うま節麺(野菜ちょい増し,ニンニク) »