« 長崎ちゃんぽんリンガーハット 八王子三崎町店(東京都八王子市) とくちゃんぽん | トップページ | めんりき匠 豊田店(東京都日野市) 豚骨黒(味玉追加) »

2008年11月17日 (月)

竹の家(東京都八王子市) ラーメン

 八王子の老舗である。
昔から八王子に住んでいる方々ならば,小さい頃からなじみが深い店なのだろう。

 お店の看板には「オートボイル式」という文字が書かれている。
「自動ゆで麺機」を使っているそうなので,このことを指しているのだろう。
看板の状態からオートボイル式の導入はかなり古いようだ。

 券売機はないが,前金制である。
店に入って左側にあるレジで「ラーメン」を注文してプラスチックの食券を受取り,壁際に沿って作られた座席に座る。

 カウンター席の上には「おぎのや」の「峠の釜めし」の陶器でできた容器が置いてある。
そういえば,店の入口にある看板には「釜玄」とも書かれていて,暖簾の中央にもお釜の絵に「玄」の文字が書かれていた。
「釜玄」の意味は,後で調べてみたがよく分からなかった。

Imgp1984a

 スープは醤油のコハク色。
油はほとんど浮いていない。
麺は白い中細縮れ麺。
トッピングは,海苔,チャーシュー,ねぎ,メンマ。
八王子の老舗ではあるが,いわゆる「八王子ラーメン」の特徴である刻み玉ねぎはのっていない。

 麺は柔らか目であるが,芯が一本通った茹で加減。
スープは塩気が強そうに見えるが,意外と薄味である。
スープの風味は,特定の素材が突出しているわけでなくマイルドである。
なかなか,このようなスープのバランスは簡単そうで難しいのではないだろうか。

 トッピングでおいしかったのは,やはり,メンマだろう。
「メンマ」というよりも「シナチク」と書いたほうが雰囲気が近いような気がする。

 小さいお子さんからお年寄りまで幅広いお客さんにおいしく食べてもらうためか,スープに香辛料はほとんど入っていないようだ。
そこで,中盤過ぎに胡椒を少しだけふりかける。
そういえば,小さい頃は,ラーメンに胡椒をかける大人たちを憧れの目で見ていたものだった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 竹の家

[住所]
 東京都八王子市中町

[アクセス]
 JR中央線「八王子駅」北口から徒歩5分ほど

[訪問日]
 2008/11

[参考HP]
 [1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 竹の家
 http://ramendb.supleks.jp/shop/4234

 [2] 八王子ラーメン 八麺会
 http://hachimen.org/index.html

 竹の家
 http://hachimen.org/29.html

 [3] 峠の釜めし本舗 おぎのや
 http://www.oginoya.co.jp/

|

« 長崎ちゃんぽんリンガーハット 八王子三崎町店(東京都八王子市) とくちゃんぽん | トップページ | めんりき匠 豊田店(東京都日野市) 豚骨黒(味玉追加) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/25398461

この記事へのトラックバック一覧です: 竹の家(東京都八王子市) ラーメン:

« 長崎ちゃんぽんリンガーハット 八王子三崎町店(東京都八王子市) とくちゃんぽん | トップページ | めんりき匠 豊田店(東京都日野市) 豚骨黒(味玉追加) »