« はる太郎(東京都八王子市) 特製つけ麺(味玉追加) | トップページ | 丸信(東京都杉並区) ラーメン(味玉追加) »

2008年10月19日 (日)

丸信(東京都日野市) つけ麺

 このお店は「丸長のれん会」に加盟しているようである。

 「丸長のれん会」は,荻窪駅南口にある「丸長」から暖簾分けしたラーメン店のグループであり,暖簾分け店の屋号は「丸長」「丸信」「大勝軒」「栄龍軒」「栄楽」などである。
加盟店は約50店もあり,山岸一雄氏の「東池袋大勝軒」も「丸長のれん会」に加盟している。
ただし,関東地方で大繁殖中の「東池袋大勝軒の暖簾分け店」はこの会には加盟していない。
「丸長」の流れを受け継ぐラーメン店は,「丸長のれん会」非加盟店までカウントすると数えきれないほどあるようだ。

 今回訪問したお店は,「丸信」は「丸信」でも,荻窪のお店ではなく,日野市内のJR豊田駅近くにあるお店である。

 お店は住宅地の中にあるので少しわかりにくい。
店の暖簾をくぐって,カウンター席にすわり,つけ麺を注文する。
ゆで時間は長い。

Imgp1507a

 麺は少しウェーブのかかった中太麺であり,かなり太い部類である。
麺の量は比較的多く,300g近くありそうだ。

Imgp1505a

 つけ汁は真っ黒な醤油の色をしている。
表面の油膜は厚めで七味唐辛子が多く浮いている。
つけ汁の中には,チャーシュー,メンマ,海苔,ワカメが入っている。

 麺はふっくらと茹であげられており,麺の中心までもっちりとしている。
けっこうレベルが高い麺だと思う。

 つけ汁は「甘」「辛」「酸」のうち,酢の酸味が強めで七味唐辛子の辛味も強めである。
砂糖の甘さは控えめである。
酸味と辛味のおかげで,すっきりとした印象である。

 最後にスープ割りをお願いする。
スープは急須のような容器に入れて提供される。
スープ割りすると,いままで酸味に隠れていたダシの風味が出てくる。
スープには昆布のダシがきいているように感じられた。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 丸信

[住所]
 東京都日野市

[アクセス]
 JR中央線「豊田駅」北口から徒歩15分ほど

[訪問日]
 2008/09

[参考HP]

 [1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 丸信
 http://ramendb.supleks.jp/shop/15807

 [2] フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

 荻窪ラーメン
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E7%AA%AA%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3

 [3] 大勝軒
 http://www.taishoken.co.jp/

 店舗情報
 http://www.taishoken.co.jp/taishoken/index.html

 丸長のれん会グループのルーツ
 http://www.taishoken.co.jp/syoukai/norenkai/

 丸長のれん会名簿
 http://www.taishoken.co.jp/syoukai/norenkai/meibo.html

|

« はる太郎(東京都八王子市) 特製つけ麺(味玉追加) | トップページ | 丸信(東京都杉並区) ラーメン(味玉追加) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/24612503

この記事へのトラックバック一覧です: 丸信(東京都日野市) つけ麺:

« はる太郎(東京都八王子市) 特製つけ麺(味玉追加) | トップページ | 丸信(東京都杉並区) ラーメン(味玉追加) »