« 藍華(東京都八王子市) つけ麺(あっさり味,味玉) | トップページ | 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の夏(北極玉子),ほか2杯 »

2008年9月 8日 (月)

丸幸(東京都武蔵野市) ラーメン(そば粉入り麺)

 訪問したのは八月末の昼の2時過ぎ。
前回訪問時にテーブル席にたむろしていたオヤジ軍団はどこかに行ってまい,そのかわり,テーブル席をカップルが占拠している。
このことからも客層は幅広いようで,多くの人々に愛されていることがわかる。

 オヤジ軍団についてはこちら。

 丸幸(東京都武蔵野市) ラーメン(卵麺)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_30b6.html

 空いているカウンター席に座り,「ラーメン」を「そば粉入り麺」で注文する。

Imgp1372a

 日本そばのような真っ黒い麺を予想していたが意外と普通である。
ただし,そば粉入りだけに卵麺よりも微妙に黒っぽい色をしているような気がする。
麺は少し細めで縮れている。
麺の太さが卵麺より細いように感じられたが,ばらつき,または,気のせいとも言えなくもない。

 トッピングは,チャーシュー,海苔,メンマ,それから,刻み玉ねぎ。
店の内外の張り紙には「八王子系ラーメン」とは書いていなかったと思うが,たぶん八王子系ラーメンだと思う。

 麺の茹で加減は,やや柔らか目である。
そば粉入りのせいか,こころなし麺に香ばしさのようなものが感じられたような気がしたが,本当にそば粉のせいなのか,スープのせいか,先入観のせいなのかはよく分からない。

 スープは椎茸と生姜の風味が感じられるあっさりとしたタイプであり,いわゆる,「毎日食べられるラーメン」である。
この手のラーメンは,味を言葉で表すのが難しいので「ブログ屋泣かせのラーメン」でもある。

 さて,「卵麺」と「そば粉入り麺」とどっちがうまかったか?
私のこたえは,「どっちもうまかった。」である。 

-----------------------------------------
データ

[店名]
 丸幸

[住所]
 東京都武蔵野市境

[アクセス]
 JR中央線「武蔵境駅」北口から徒歩5分ほど

[訪問日]
 2008/08

[参考HP]

 [1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 丸幸
 http://ramendb.supleks.jp/shop/4340

|

« 藍華(東京都八王子市) つけ麺(あっさり味,味玉) | トップページ | 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の夏(北極玉子),ほか2杯 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/23582857

この記事へのトラックバック一覧です: 丸幸(東京都武蔵野市) ラーメン(そば粉入り麺):

« 藍華(東京都八王子市) つけ麺(あっさり味,味玉) | トップページ | 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 北極の夏(北極玉子),ほか2杯 »