« 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 限定塩らぁ麺 | トップページ | 喜奴屋 福生店(東京都福生市) 油そば(醤油) »

2008年9月18日 (木)

大山家(東京都武蔵野市) 大山家SPつけ麺

 私は食べ物の好き嫌いは少ない方だと思うが,苦手なものがふたつだけある。
そのひとつが生卵であり,人生においてすき焼きをとき卵で食べたことがない。
ただ,不思議なことに半熟玉子はOKである。
どこがOKとNGの境界線だろうかと思案してみたが,白身が「白い」か「透明」かがポイントのようだ。

 困ったことに,この店のラーメンのウリは「とき卵」である。
「とき卵」といっても熱の加減次第でどう転ぶか分からない。
安全策をとって,とき卵が入らない「つけ麺(キャベツ入り)」を食べようと店に向かう。

 店を入ってすぐ左側にある券売機と向かいあう。
券売機の「左上」は「とき卵つけ麺」である。
ここまではいい。
しかし,とき卵入りのメニューのボタンが赤い枠で囲われており,とき卵なしのメニューを選択できるような空気ではない。
土壇場で「大山家SPつけ麺」に変更する。

 店内には数人の行列があったが,すぐにカウンター席が空きそこに座る。
女性二人組のお客さんが,ラーメンとつけ麺の丼を交換している。
女性同士の丼交換はOKである。
カップルの丼交換も許容範囲である。
しかし,男性同士の丼交換だけは,やはりありえない。

Imgp1393a

 つけ汁は乳化して濁っている。
見るからに,コクがありそうだ。
つけ汁の中には,大きな海苔が5枚,ほうれん草,ねぎ,メンマ,味玉,チャーシュー。
「家系」だけに,海苔とほうれん草は外せないようだ。

 写真をよく見ると,とき卵の黄身が写っている。
困ったことに,とき卵は限りなく「生」に近いようだ。
ただし,生卵好きにはたまらないんだろう。

Imgp1396a

 麺はほんの少し縮れた極太麺。
太さはうどん級と言ってもいいかもしれない。
麺の生地には透明感があり,表面には光沢がある。
キャベツは麺の丼に盛りつけられており,キャベツの量はけっこう多い。

 今日は,なるべくつけ汁を見ないようにして食べる。

 つけ汁は見た目どおり,魚粉がたっぷりと入ったクリィミィで濃厚な豚骨スープである。
濃厚な豚骨スープではあるが,豚骨の臭みは全く感じられない。
砂糖や溶き卵の甘みも感じられる。
私は甘口のつけ汁は苦手だが,甘さ控えめなので許容範囲である。
酢の酸味はないようだ。
「コラーゲンたっぷり」「クリィミィ」「甘口」と女性が好みそうな味である。

 極太麺には讃岐うどんのようなコシがあり,濃厚なつけ汁とよくあっている。
しかし,このつけ汁に麺以上に合っていると感じたのはキャベツである。
キャベツの自然な甘さとクリィミィなつけ汁との組み合わせが最高で,キャベツのおかわりがしたくなるほどだった。
チャーシューは厚目にカットされたバラ肉であり,タレがしみ込んでいてかなりうまい。

 最後はスープ割りである。
アツアツのスープをたっぷりと注いでいただける上,なんと,家系ラーメンのシンボルとも言えるほうれん草までも追加してもらえる。
スープは豚骨が主であるので,スープ割りをすることで豚骨のクリィミィさが増加する。
コラーゲンがさらに追加されるので,女性にはうれしい限りである。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 大山家

[住所]
 東京都武蔵野市境

[アクセス]
 JR中央線「武蔵境駅」北口から徒歩15分ほど

[訪問日]
 2008/09

[参考HP]

 [1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 大山家
 http://ramendb.supleks.jp/shop/1278

 [2] 武蔵境 とき卵ラーメンの大山家【公式サイト】
 http://oyamaya.com/

|

« 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 限定塩らぁ麺 | トップページ | 喜奴屋 福生店(東京都福生市) 油そば(醤油) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/23817730

この記事へのトラックバック一覧です: 大山家(東京都武蔵野市) 大山家SPつけ麺:

« 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 限定塩らぁ麺 | トップページ | 喜奴屋 福生店(東京都福生市) 油そば(醤油) »