« とん八(東京都八王子市) 正油ラーメン(あっさり) | トップページ | とん八(東京都八王子市) 正油ラーメン(こってり) »

2008年8月13日 (水)

蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 冷やし味噌ラーメン(北極玉子,野菜大盛)

 「北極の夏」に大いにハマる。

 「北極の夏(期間限定)」(2008年)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_a58e.html

 しかし,あまり食べ過ぎると飽きてしまう恐れがある。
インパクトが強烈であるためになおさらである。
そこで,今回は「北極」のスープを味わってみることにする。
考えた末,選んだ組み合わせは,

 「冷やし味噌ラーメン」
 「野菜大盛」
 「北極玉子」

である。
「野菜大盛」は残ったつけ汁を最後の一滴まで味わい尽くすためである。

 店内の券売機で3つのボタンを押してゆく。
最後に「メニュー決定」のボタンを押すと,選択した3つのメニューが1枚に印刷された食券が出てくる。
カウンター席に座り,食券を店員さんに渡す。

Imgp1354a

 つけ汁は美しくも妖しい朱色をしている。
つけ汁の中には,スライスニンニク,豚肉,ネギが入っている。

Imgp1353a

 麺は丸い中太のストレート麺。
麺の皿にはモヤシと北極玉子が盛られている。
北極玉子は唐辛子汁にまみれている。

 皿の上にはレンゲが乗っている。
もちろん,これはつけ汁を飲むためである。
皿の上に横一文字に置かれたレンゲは,なにやら,切腹に使う脇差のように見えてくる。

 ビジュアルは「北極ラーメンのつけ麺版」といいう感じで,麺もスープもトッピングも基本的に同じようである。
ただし,当初,北極ラーメンは裏メニューだったそうなので,冷やし味噌ラーメンの方が歴史が古い。
「冷やし味噌ラーメンのラーメン版」として北極ラーメンが開発されたわけである。

 今日は,食べる順序がいつもと違う。
まず,北極玉子にかぶりつく。
激辛のつけ汁で舌がバカになる前に味わうためである。
北極玉子は激辛の北極ラーメンのスープに浸けて作った味玉だけに,表面の唐辛子汁は激辛であるが,玉子によって辛さが中和されていい味になる。

 北極玉子を完食し,いよいよ本編である。

 麺はちょうどいい茹で加減で,北極ラーメンよりも少し柔らか目に茹でられている。
ラーメンよりも麺がのびにくいことを計算しているのだろう。

 麺をつけ汁に浸す加減を調整することで好みの味に調整できるのが,つけ麺のいいところである。
つけ汁が辛すぎても食べ方を工夫すれば,適切な辛さでおいしく食べることができる。
私の場合は,麺をどっぷりと浸して食べる。

 店内のメニュー説明によると,中本のメニューの中ではスープが最も辛いとされている。
しかし,北極ラーメンよりも体感的な辛さは控え目に感じる。
北極ラーメンの方が,スープの温度が高いせいなのか,スープに麺が浸っているために麺の内部に辛味成分をより多く吸収されるためなのか?
このあたりのカラクリはよくわからない。

 北極ラーメンよりも体感的な辛さが控え目なので,スープの味がわかりやすい。
大量の唐辛子が溶け込んだつけ汁はむろん激辛である。
しかし,ただ単に辛いでけでなく,様々な香辛料や香味野菜が溶け込んでいるようで麻薬性のある旨味があるようだ。
つけ汁に溶け込んだ味噌も旨味を引き立てるのに役立っているのだろう。
忘れていたが,いちおう「味噌ラーメン」である。
北極ラーメンのスープと比べて,若干の酸味があるように感じられたが,スープの質の違いなのか温度の違いなのかは分からない。

 野菜大盛にして野菜につけ汁を吸収させる作戦をとったものの,やはり,つけ汁が残る。
この店では「スープ割り」はない。
必然的に,北極ラーメンよりも辛いつけ汁を原液のまま味わうことになる。
このつけ汁は,原液のままよりも,麺や野菜といっしょに食べた方がうまいと思う。
野菜だけでなく麺も大盛りにした方がよかったかもしれない。

 冷やし味噌ラーメンは北極ラーメンよりも「おとなしい」印象であるが,スープを「味わう」のにはいいメニューだと思う。
北極ラーメンは,「激辛チャレンジャー向け」のメニューである。

 過去の記事はこちら

 「北極ラーメンジャンボ」
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_1edd.html

 「北極の夏(期間限定)」(2007年)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_461d.html

 「北極の秋(期間限定)」(2007年)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_4b89.html

 「北極の冬(期間限定)」(2008年)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_9b3f.html

 「北極の春(期間限定)」(2008年)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_883c.html

 「北極の夏(期間限定)」(2008年)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_a58e.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 蒙古タンメン中本 吉祥寺店

[住所]
 東京都武蔵野市

[アクセス]
 JR中央線吉祥寺駅から徒歩5分

[訪問日]
 2008/08

[参考HP]
[1] 蒙古タンメン中本の道
 http://nakamoto.in/

 蒙古タンメン中本のメニューの写真や,最新情報が見られます。

[2] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 蒙古タンメン中本 吉祥寺店
 http://ramendb.supleks.jp/shop/3817

 お店の地図が参考になります。

|

« とん八(東京都八王子市) 正油ラーメン(あっさり) | トップページ | とん八(東京都八王子市) 正油ラーメン(こってり) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/22948524

この記事へのトラックバック一覧です: 蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市) 冷やし味噌ラーメン(北極玉子,野菜大盛):

« とん八(東京都八王子市) 正油ラーメン(あっさり) | トップページ | とん八(東京都八王子市) 正油ラーメン(こってり) »